『「優柔決断」のすすめ』(古田敦也)のレビュー

2017年11月3日

ビジネスマンにおすすめの古田流「処世術」!

「優柔決断」のすすめ (PHP新書)

もくじ

『「優柔決断」のすすめ』のもくじ

 

目次

はじめに 成功する人は優柔である
第1章 「優柔決断」の思考法
第2章 力の源は「負けたくない」という気持ち
第3章 意外性にもワケがある
第4章 やわらかな組織力
第5章 脳を活かす「優柔決断」の生き方(茂木健一郎×古田敦也)

引用元:「優柔決断」のすすめ / 古田 敦也【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア

 

『「優柔決断」のすすめ』のおすすめポイント

【ビジネスマンにおすすめの内容】

 本書の前半では、プロ入り前から選手時代の経験を踏まえて、エピソードと共に「処世術」を提案してくれます。野球選手という特殊な職業ながら、古田さんは人生経験が非常に豊富です。無名高校出身、一般入試での大学進学、大卒時のドラフト落ち、社会人野球とオリンピック出場。プロ入り後は野村監督の元で経験を積み、バッティングでも守備でも一流、晩年はプレイングマネージャーまで経験しています。

 本の中では、現実を受け止め、どうすれば成長できるかを考え、合理的な選択をしていくことの重要性が説かれています。古田さんが頭を使ってのし上がってきたことが良くわかります。野球ファンはもちろん、そうでない人でもかなり役立つ内容になっています。

 

【技術論も豊富】

 本の中では野球の技術論も適時紹介されています。その際には、恩師である野村監督の話もたくさんでてきます。かつてはメディアなどに「犬猿の仲」などと勝手なことを言われていた2人ですが、古田さんは野村監督の教えを熱心に吸収していたことがよくわかります。その上に、古田さんならではの柔軟な発想力が加わって、目からうろこの技術論が展開されています

 特にポイントなのは、説明がわかりやすく納得できることと、キャッチャー(ピッチャー)・バッター双方の目線からの技術論が紹介されていることです。キャッチャーでもバッターでも一流の成績を残した古田さんならではです。

 

本書の要点抜粋

【第1章 「優柔決断」の思考法】
  • 与えられた環境の中でいかに実力を発揮するか(『「優柔決断」のすすめ』(2009)第一版第一刷,PHP研究所,p.30)

 愚痴や不満を言うのではなく、今ある環境の中でどうしたら力を発揮できるか。それこそ社会で生き残るのに必要だと、古田さんは語っています。プロ入りまでは決してエリートではなく、無名高校から一般入試で大学進学、大卒時のドラフト落ちなどを経験した古田さんらしい言葉です。

 

  • 「こだわり」よりも「柔軟性」(p.32)

  かつて野村監督から言われた「進化しようと思ったら必ず変化しろ」という言葉と共に、柔軟性の大切さを語っています。

 

  • 古田流「記憶術」(p.39)

 例えばピッチャーにサインを出す際、20枚ほどの選択肢(カード)を用意しておき、そこから最善策を選んでいきます。その際、頭の中に状況ごとのファイルを作成し、ファイルごとにカードを整理しておく。これによって、試合中に瞬時に情報を引き出せるようにしていたそうです。

 記憶力のいい人は独特の記憶方法を使っています。これもその一例でしょう。

 

  • 即決グセをつける(p.53)

 例えば会社員ならば、自分の仕事に優先順位をつけず、次から次へとどんどん処理していく。即決グセをつけておくと、いざというときに力を発揮できるようになります。失敗しないことより、失敗した時にどうやってカバーするかの方が重要というのが、古田さんの考えです。

 

【第2章 力の源は「負けたくない」という気持ち】
  • 上司に好かれることは悪いことではない(pp.69-72)

  大卒時にドラフト落ちの経験をし、悔しい思いをした古田さん。社会人野球で結果を出し、プロ入りすべく、オリンピック出場を目標に掲げたそうです。トヨタ自動車でレギュラーとなり、オリンピック選考合宿に招集。6,70人から20人が選出されるというシビアな合宿。そこで何とか代表に残るべく、いろいろな情報をかき集めたそうです。

 監督の方針、キャッチャー強化担当の好みなどを把握し、周りから浮いてしまうほどのアピールをし、見事代表選出。世間では「ご機嫌取り」という言葉もあるものの、活躍するためには、活躍するための機会を自分で呼びこむ必要がある。アピールをしなければ評価すらされないというわけです。

 人それぞれ自分のやり方はあるでしょう。会社の上司のやり方・考え方が自分とは違うこともあるかもしれない。でも、新入社員が「オレはこう思う。だからあんな上司には従わない」というのは、やはり十年早いと思う。
 いまある環境を素直に受け入れ、その与えられた環境のなかで自分を活かす道を探すことが、まずは大切だと思います。それができなければ、いくら実力があっても認められません。

引用元:『「優柔決断」のすすめ』 – 第二章 – 自分の立場から目を逸らしてはいけない

 

  • いろいろなバットを使い分ける(p.82)

 現役中は同僚や他チームの選手からバットを借り、そのまま実戦で使うなど、かなり独特な道具の使い方をしていた古田さん。シーズン中に何度も変えることもあったそうです。緩いカーブはバットの先に当たるので、普段よりも長めのバットに変えるなど、シンプルかつ大胆な考え方です。

 

  • キャッチャー目線からの初球打ち(pp.87-89)

 古田さんは初球から積極的に打っていくバッターでした。キャッチャー心理から言うと「初球はストライクを取ってカウントを有利にしたい」という考えがあります。それに加えて、バッターは2ストライクに追い込まれると打率がぐっと低くなります。ここから、「2ストライクに追い込まれるまでが勝負」と考え、積極的に振っていくスタイルを採用したそうです。

 キャッチャー目線で言うと、「初球はボールから」というセオリーもありますが、それは正確には「ストライクゾーンに球を投げ、空振りかファウルを取れる球」を投げるということ。そうなれば、初球にどんな球が来るかも予想がつきます。キャッチャーとしての経験がバッティングに生かされているのがよくわかります。

 

【第3章 意外性にもワケがある】
  • 野村監督の教えと、「捨てる勇気」「ヤマ張り」(pp.111-113)

 野村監督の著書『野村ノート 』にも書かれている、バッターの4分類があります。

<Aタイプ>ストレートを待ちつつ変化球にも対応
<Bタイプ>アウトコースかインコースか、コースを絞る
<Cタイプ>コースにかかわらず打つ方向を決める
<Dタイプ>球種にヤマを張る

 このうち、バッティングが苦手な人はDタイプになれと、野村監督は薦めていたそうです。データ分析で補えば、ヤマを張ってある程度結果が出せるというのがその理由。 監督は古田さんに、「捨てる勇気がなければ、ヘボはヘボのまま」と語ったそうです。

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”52″ numberposts=”5″ tail=”
“]