「野性時代フロンティア文学賞」の傾向と対策

2017年11月8日

2006年新創刊『小説 野性時代』と共にスタート!豪華な選考委員!

小説 野性時代 第126号 (KADOKAWA文芸MOOK 128)

もくじ

野性時代フロンティア文学賞の応募要項

  • 【主催】:角川書店、フジテレビ 【掲載雑誌】:小説野性時代
  • 【枚数】:400字詰原稿用紙200枚~400枚
    手書き原稿不可。HPからフォームで応募可能(40字×40行で50p~100p)。郵送でも可。
    ※参照:野性時代フロンティア文学賞
  • 【締切】:8月29日(第6回)
  • 【発表】:「小説 野性時代」5月号
  • 【刊行・賞】発表年の上半期に刊行予定。副賞100万円
  • その他注意:
    1枚目にタイトル、著者名、原稿枚数(400字詰め原稿用紙換算)
    2枚目にあらすじ(1200字以内)、本名(ルビ)、ペンネーム(ルビ)、生年月日、出身地、略歴、現住所、電話番号、メールアドレス
    を明記
  • 【ジャンル】
    広義のエンタメ小説。恋愛、ミステリ、冒険、青春、歴史、時代、ファンタジーなど、ジャンル不問

 

野性時代フロンティア文学賞の傾向と対策

売れっ子作家が選考委員!

  リアルタイムの流行作家をこれだけ揃えている新人賞というのは、なかなかありません。受賞作品からヒット作が生まれることも期待できます。選考委員の豪華さが、この新人賞の一番の特徴かもしれません

 2005年から始まった賞ということもあり、斬新な小説、多くの人に愛される小説を目指すのがポイントと言えるかもしれません。

 

2014年5月号にて、小説志願者に向けた特集掲載

 

小説家になりたいあなたへ

小説家は今も昔も憧れの職業のひとつ。
デビューする前に読んでおきたい本、人気作家たちの新人時代など、
小説家デビューを志す方は必読の特集です。

  • 対談     中田永一×中村 航
  • 抄録     中村 航・中田永一「僕は小説が書けない」
  • ブックガイド 「ベスト・オブ・小説指南書」池上冬樹
  • エッセイ   「『ものがたりソフト』の可能性」海猫沢めろん
  • インタビュー 内田眞由美(AKB48)
  • アンケート  伊東 潤 篠田節子 法月綸太郎
  • 特別読切   海猫沢めろん 水のかげふみ
  •        内田眞由美  彼女と私

引用元:小説 野性時代5月号

 

 掲載雑誌でこのような特集が組まれることは多々あります。賞に特化した、非常に役立つ情報を得られるので、必読です!

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”57″ numberposts=”5″ tail=”
“]