文章の書き方③「接続詞で『リズム』と『説得力』」

2014年3月30日

接続詞を使うと文章が読みやすくなる!

もくじ

  1. 接続詞の使い方
  2. 接続詞の種類について
  3. まとめ

1、接続詞の使い方

前回はルール1「主張→理由、例、譲歩→結論」について学びました。
今回は、ルール2「接続詞の使い方」について見ていきましょう。

 

接続詞の役割は、「文章の前後関係を示す」、というものです。
接続詞がいかに大切であるかを、前回の例文を使って説明していきます。
まずは、前回の例文から接続詞を除いた文を見てもらいましょう。

(例文―接続詞なし)

 お金はたくさんあった方がいい。お金は人を幸せにする。お金があったら好きなものがたくさん買えるし、旅行にも行ける。万が一のことがあっても、お金があれば安心感を得られる。
 人生にとってお金が全てではないし、お金を持っていても不幸な人はいる。使い方を間違わない限り、お金は生活を豊かにするし、生き方の選択肢も広がるはずだ。
 お金は、正しく使うことができれば、人生をより豊かにするので、たくさんあった方がいい。

今度は接続詞を加えたものです。
(例文―接続詞あり)

 お金はたくさんあった方がいい。なぜなら、お金は人を幸せにするからだ例えば、お金があったら好きなものがたくさん買えるし、旅行にも行ける。万が一のことがあっても、お金があれば安心感を得られる。
 確かに、人生にとってお金が全てではないし、お金を持っていても不幸な人はいる。しかし、使い方を間違わない限り、お金は生活を豊かにするし、生き方の選択肢も広がるはずだ。
 お金は、正しく使うことができれば、人生をより豊かにするので、たくさんあった方がいい。

文章を比べてみると、接続詞がある方が前後の関係があらかじめ予測できるため、読みやすいですし、リズムが生まれるのがわかるでしょう。
さらに、接続詞がある方が文章に説得力が感じられます。

 

  • 接続詞の役割は「文章の前後関係の目印」「文のリズムを整える」「文章の説得力を増す」

 

 

2、接続詞の種類について

 

  • 理由……「なぜなら~」「~だからだ」
  • 例 ……「例えば」
  • 譲歩……「確かに~。しかし~。」
  • 結論……「従って」「つまり」

 

ここでの分類は、わかりやすくするためのものです。
接続詞には正式な分類や名称がありますし、この他にもかなりの数のものがあります。しかし、そこらへんはあまり気にしなくていいです。

 

そもそも、接続詞は一つずつ意味を覚えて使い分ける必要はありません。
いろいろな文章を読んで、便利な接続詞を見つけたら覚えておく、というアバウトな使い方で構いません。 言い換えれば、自分の「接続詞のストック」というものを増やしていけばいいでしょう。

 

  • 接続詞はアバウトに使っていい 
  • 自分なりの「接続詞ストック」を増やしていく 

 

 

まとめ

  • 接続詞の役割は「文章の前後関係の目印」「文のリズムを整える」「文章の説得力を増す」 
  • 接続詞はアバウトに使っていい 
  • 自分なりの「接続詞ストック」を増やしていく

 

⇒「文章の書き方④ 」へ