ワールドカップ日本代表と、決勝トーナメントの対戦相手

優勝へ向けて決勝トーナメントを分析!

情熱を貫く 亡き父との、不屈のサッカー人生

初戦は強豪ひしめくD組のチームと対戦!

worldcup2014_japan-final-tournament02

引用元:試合日程|2014ワールドカップ(ブラジル大会):朝日新聞デジタル

 

 C組の日本が決勝トーナメント初戦でぶつかるのは、D組の1,2位のチームです。

【D組】

  • ウルグアイ
  • コスタリカ
  • イングランド
  • イタリア

 

 D組は強豪揃いです。正直1位で行こうが2位で行こうが、強豪との対決は避けられません。今回も、決勝トーナメント初戦が日本にとって大きな壁になってくるでしょう。

 

準々決勝はA,B組からの勝ち上がりチームと対戦!

 一方、初戦を突破して初のベスト8に進んだ場合、対戦するのはA,B組から勝ち上がってきたチームです。

【A組】

  • ブラジル
  • クロアチア
  • メキシコ
  • カメルーン

【B組】

  • スペイン
  • オランダ
  • チリ
  • オーストラリア

 

 A,B組のチームを見てみると、ある程度勝ち上がるチームの予想はつきます。順当に進めば、赤字で示したチームのうちどれかが、準々決勝まで勝ち上がってくるはずです。したがって、準々決勝では開催国ブラジル、前回優勝のスペイン、優勝候補のひとつオランダのうち、どれかと戦うことになるでしょう。

 ここまで来ると、強豪チームとまともにぶつかって勝つしか無くなってきます。ベスト4と言えば前回大会で岡田監督や選手が目標に掲げていた数字です。簡単には行かないものの、今回の日本代表なら可能性は十分あると思います

 

 

 

まずは初戦突破!初のベスト8へ!

鈍足バンザイ!  僕は足が遅かったからこそ、今がある。

 

 準決勝、決勝までいくと、どのチームがくるかはわかりません。いずれにしても、決勝まで進む以前に、初戦、準々決勝が大きな壁として日本代表の前に立ちはだかります

 本田選手はじめ代表選手が何度も口にしている「優勝」へ向けて、まずはこれまでの記録を塗り替える決勝トーナメント初戦突破、ベスト8が最初の目標になります。ウルグアイ、イングランド、イタリアなどが対戦相手の候補ですが、これらの相手に勝利すれば、強豪を前にしても気持ちで負けることはないでしょう

 

 いよいよワールドカップ目前!個人的に期待しているのは、記事冒頭にもあげた大久保選手です。コンディションが良く、直前の試合でも結果を出したので、この大会で暴れまわって欲しいです。
 また、どのスポーツでも短期決戦はラッキーボーイの存在がカギです。日本代表の中では、柿谷くんあたりが爆発してくれれば、面白いことになりそうです。あとは岡崎選手にも期待しています。ブンデスで14得点(でしたっけ?)は伊達じゃありません。調子がよければゴール量産ということもありえるでしょう。

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”51″ numberposts=”5″ tail=”
“]