日本代表グループリーグ敗退……。試合後の選手インタビュー、選評など。

2014年6月26日

ギリシャ勝利で、勝てば決勝トーナメント進出も……

worldcup2014_japan-eliminated

引用元:グループC第3節 日本 vs. コロンビア – テキスト速報

内田選手、大久保選手、中田英寿さんのコメント

【内田選手】

 

【大久保選手】
  • 点を取られても取り返そうというサッカーを、初戦からするべきだった
  • (世界との差は?)
    試合の持っていき方。ゲームコントロールが日本には全然ない。プレスにしても世界から見れば甘いんだろうと思う。
  • (WCに入ってチームのどこが変わってしまったか? )
    中で縦パスを入れてサイドに行く。そのサッカーが1,2試合目は全然できなかった。
  • (今後何をすべきか?)
    4年間の持っていき方が大切。いくらいい選手が集まっても、もっていき方を間違えれば勝てない。個の力とは関係ない。やり方次第。
【中田英寿さん】
  • 攻めているように見えたが、単調なロングパス、サイドからのクロスが多い。チャンスの時はパスの連動。
  • 相手はメリハリがある。抜く時と攻める時。ゲームコントロールの違いが出た

 

 

本田選手、香川選手、その他選手のコメント

【本田選手】
  • 優勝とまで言って、この散々な結果。すべてを受け入れるしかない。
  • 夢や希望を見せたかったが、口だけで終わってしまって申し訳ない。
  • (今後について)
    勘弁して下さい。

 

 【香川選手】
  • 点を取りきれなかった。
  • (今後について)
    今後も自分のキャリアは続いていく
 【長谷部選手】
  • 今日に限っては自分たちのサッカーができた。2戦目までにそれが出来なかった。
【岡崎選手】
  • 自分たちのサッカーをしても1-4の完敗。何もできなかった。
  • 1-4という結果を整理できていない。
  • (ギリシャ対コートジボワールの試合経過について)
    情報は入っていたので、とにかく点を取ること、積極的に行こうと話し合っていた。
【遠藤選手】
  • 今後は日本独自のスタイルをつくることが大切

 

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”51″ numberposts=”5″ tail=”
“]