月額ワンコインでWi-Fi利用可能!Wi2 300はとても便利

2017年11月8日

月362円でその日からすぐに使える公衆無線LAN!

喫茶店でWi-Fi

Computadora MacBook Air sobre la mesa by Alejandro Pinto

Wi2 300の基本情報

 

 私用で東京に行った際、喫茶店でネットを使いたかったので、友人がすでに使っていたWi2 300を利用してみました。ちょうどホテルの近くにルノアール系列の喫茶店があったので、何度か使ってみましたが、かなり快適でした。

 

 登録は朝にホテルを出る前に済ませ、喫茶店についてからそのまま利用可能で、非常に手軽でした。登録したその日に、ものの数分で利用開始できるというのは、大きなメリットでしょう。

 

 利用できる場所は、喫茶店ではルノアール系列店があります。東京には店舗がたくさんあるので、自分のよく利用する駅で事前に見つけておくといいでしょう。また、マックのBBモバイルポイントスタバでも使えます。スタバについては店舗が無料で提供しているWi-Fiがありますが、セキュリティにちょっと問題があります。その点、Wi2 300はセキュリティが高く、安心して使用できるようです。

 

 

登録は簡単!

 登録は至って簡単であり、メールアドレスとクレジットカードの情報さえあれば、その場で登録完了、すぐに利用開始できます。

wi2-300_01

 個人情報も、生年月日と性別だけの入力なので簡単です。

 

 あとはクレジットカードの登録だけです。

wi2-300_02

 

 利用可能エリアについては、下の画像のマークがあるところならすべてOKです。飲食店以外にも、空港や駅でも幅広く使用できます。東京などでは、利用可能な場所も非常に多いので、街に出たらとりあえずWi2 300が利用可能か確かめてみるのもいいでしょう。ラーメン屋といった意外な場所でもつながることがよくあります。

wi2-300_03

ルノアール系列点は作業しやすい雰囲気でおすすめ

 東京に行った際にはルノアールニューヨーカーズカフェを利用しました。どちらも有名店ですが、ルノアールはチェーンの喫茶店の中でも高級店に位置づけられます。コーヒーは500円ほどでした。雰囲気が非常に良く、年配のサラリーマンなども多く、全体的に落ち着いていました。

 また、席につくとホカホカの大きなおしぼりがもらえますし、店員さんの対応もしっかりしたレストランのようで気持ちがいいです。長居していても全く問題なく、むしろ店員さんがお茶の無料サービスをしてくれるほどです。とにかく、最高でした。

 

 もうひとつ、ニューヨーカーズカフェは、チェーン店の中では中程度、ドトールとスタバの中間、あるいはドトールの上位店であるエクセルシオールに似ていました。Wi-Fiが使えるとあって、パソコンを持ち込んで作業費している人が非常に多く、長居して作業するにはもってこいです。

 

 どちらの店舗も電源をしっかり確保できるので、外出先でパソコンで文章を書いたり、調べ物をするには最適の店です。写真を撮ってくるのを忘れてしまいましたが、公式のホームページなどで雰囲気は十分にわかります。僕が行ったルノアールは上野駅からすぐのところでしたが、地下に店舗があり、外の音が聞こえず、明るすぎない証明と広い店内も相まって、特に気に入りました。

 

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”40″ numberposts=”5″ tail=”
“]