【60年代~90年代】洋楽ロックの歴史と年表まとめ![出来事,事件,ムーブメント]

2017年12月26日

【60年代】洋楽ロック年表

1961年

1962年

1963年

1964年 ビートルズ旋風、ボウイ、ザ・フー登場

重要作品・出来事
  • アメリカでビートルズ旋風が巻き起こり、ローリングストーンズらと共に「ブリティッシュ・インベンション」を巻き起こす(★)
デビュー

アルバム

ブリティッシュ・インベンション

 ビートルズを中心としたイギリス出身のロック・バンドが、アメリカ音楽界を席巻する。アメリカの音楽界に対する「イギリスの(ブリティッシュ)侵略(インベンション)」というわけだ。ビートルズはそれまでになかった「バンド編成(ボーカル、ギター、ベース、ドラム)」「自作曲」を持ち込み、ライブによって若者を熱狂させた。

 イギリスからやって来たビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フーの英3大バンドは次々とヒット曲を生み出し、ロックの初期における歴史は彼らを中心に進んでいくこととなる。

1965年 フォーク・ロック誕生

重要作品・出来事
  • 8月  ボブディラン『追憶のハイウェイ61』(alb)発売。それまでの曲調を変えてロックを取り入れ、フォーク・ロック誕生の象徴となる(★)
デビュー
アルバム・シングル

フォーク・ロックの誕生

 アメリカの白人のルーツ・ミュージックとも言えるフォークソング。1960年の前後でフォーク・リバイバルブームが起こり、その中心にいたのがボブ・ディランだ。彼は体制への風刺ソングで大衆の指示を集めるが、イギリスからのロック・バンド到来によりその音楽性を変化させる。

 フォーク・ソングはクラシック・ギターで演奏するのが当たり前の時代に、ディランはエレキギターを手にし、フォークとロックを融合させた。フォークファンは彼を批判したが、ディランは文句のつけようのない名盤を連発し、ジャンルの枠を超えたアーティストとして活躍することとなる。

1966年 サイケブーム、ジミヘン登場

重要作品・出来事
デビュー
アルバム

サイケデリック・ムーブメント

 ベトナム戦争への反戦運動の中で登場した「ヒッピー文化」。それと同時期に、ビートルズがドラッグ体験を元にした曲を発表。ヒッピー文化と結びつき、一大ムーブメントを巻き起こす。

 美しくも脆い、幻惑的な雰囲気をもつサイケデリック・ロックは当時の名だたるミュージシャンがこぞって取り上げ、ムーブメントの中で数々の名作が生み出される。ビーチ・ボーイズ『ペット・サウンズ』、ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』などが有名。

1967年 ドアーズ、ヴェルヴェッツ、ピンク・フロイド登場

重要作品・出来事
デビュー
アルバム

1968年 ディープ・パープル登場

重要作品・出来事
デビュー
アルバム・シングル

1969年 名盤大豊作、ハードロック/プログレ誕生

重要作品・出来事
デビュー
アルバム・シングル

ウッドストック・フェスティバル

 1969年に4日間に渡り開催されたロック史に残る野外コンサート。名だたるアーティストが出演し、60年代のロックを象徴するイベントとなった。ジミ・ヘンドリックスやザ・フーが歴史に残る名演を見せ、現在でも語り継がれている。

オルタモントの悲劇

 1969年の終わり、ローリング・ストーンズが主催した野外フリーコンサートでの事件。数々の不手際からコンサートは終始混乱し、ストーンズが警備員として雇ったバイカー集団が、観客を殴り殺してしまう。ヒッピー文化の終焉を告げ、以降のベトナム戦争泥沼化に象徴される混沌とした時代を象徴する出来事となった。

ハード・ロック、プログレッシブ・ロックの出現

 1969年は70年代に活躍するロック・バンドが多数登場する。レッド・ツェッペリン、キング・クリムゾンがその代表格だ。翌年のビートルズの解散と共に、60年代の終りと新たなロックの時代を象徴する新人のデビューとなった。

 ハード・ロックはギターサウンドと重いリズム展開、高音ヴォーカルのシャウトなどが特徴で、まさに「ハード」なロック、ロックの正統進化系である。一方プログレッシブ・ロックは、ロックにジャズやクラシックという音楽を取り入れた、芸術面を強調したサウンドである。この二つの音楽が、70年代のロック界を席巻する。