舛添都知事、21日にも辞職

公開日: : コラム - 時事・社会

都議会が不信任決議案を提出、舛添知事は辞意を固める

残念な政治家を選ばない技術 「選挙リテラシー」入門 (光文社新書)

 

 都知事の不正会計疑惑の問題で、ついに都議会は不信任決議案を提出。可決はほぼ決定的で、都知事は失職の可能性が濃厚。それを受けて、舛添さんは辞意を表明。ようやくこの問題が一段落することになった。ただ、今回のことでわかったのは、知事なんてやろうと思えばいくらでも税金を私的に流用できるってこと。都知事だけじゃない、全国どこだってそうだ。舛添さんを辞めさせて「ああ、よかった」って終わるんじゃまた同じ問題がどこかで起こる。政治資金規正法を改正して、税金の無駄遣いをやめないと。

 ひょっとしたら、舛添さんが辞職するってことで、内心ホッとしている人がいるかもね。「今のうちにヤバそうな会計処理を直しておこう」とか、「矛先が政治資金規正法に向かわなくてよかった」なんて思ってるんじゃないか。次の知事選では、間違いなくこの問題がマニフェストに関係してくる。そこではっきり、経費削減を掲げる人は出てくるだろうか? とは言うものの、どんな奴が出てきたって資金流用は絶対になくならないよ。

 とりあえず政治資金規制法の件は国会議員に任せてさ、知事の金の話はもう知らない。とにかく、頭が良くて隙のない人が出てくりゃそれでいいや。上っ面だけでも、クリーンで真面目な知事を完璧に演じられるような人。もう信頼とかそういうのどうでもいいから、都民を上手く騙せるような頭の良い人出てくりゃ票入れてやるよ。政治にクリーンさを求めたってもう無駄だ。なら、せめて俺たちを上手く騙してくれっての。

 

 

不信任決議は良く出来た制度?

都知事への不信任決議案が提出されたけど、可決の条件は「2/3以上の出席、3/4以上の同意」。そっからの流れはちょっとややこしいんだけど……

  • 可決→知事辞職or議会の解散( ※10日以内に判断しないと失職)
    • 辞職→知事選
    • 解散→都議選→選挙後の議会で過半数の賛成があれば不信任案再可決で、知事はやはり失職

 という感じ。舛添さんが続投する方法としては、議会解散がある。でも、現在の世論や都議会議員の猛反発を見れば、再選挙後に再び不信任案が可決される確立はかなり高い。そういうわけで、舛添さんが辞意を表明した。

 難しい話はこれくらいにして、要は不信任決議が「2/3以上の出席、3/4以上の同意」で可決されれば大体OKということ。これって実は上手くできてると思うよ。例えば恋愛でもさ、デートに3回誘って2回来れば第一段階クリア。キスから本番まで、4つのうち3つに同意すればだいたい付き合う流れになるだろう(笑)。

 例えば、学校とか会社でも上司を選挙で選ぶってのがあったら面白い。ちょっとでも嫌なことあったら不信任決議の連発で、上司は辞めるか、部署を解散する。社員はいちいち解散させられて、もう一回面接受ける。バカみたいな話だけどさ、大卒の新入社員の1/3は、3年以内に辞めちゃうってのは有名な話。なら、選挙と解散を定期的にやってるようなもんだよ。そういうわけで、世の中うまくできてるんだよ(笑)。

 

不信任決議案を提出せず、舛添さんをギリギリまで追い込んでいたらどうなっていたか?

 しかし、舛添さんはすごかった。こんだけ追い詰められて、それでも「別荘は売り払うし、給与全カットでいいから、何とか続けさせてくれ」だもん。国会議員も含めて、ここまで粘った人は最近じゃなかなかいない。無給でやってもプラスになるくらい、非常に旨味のある仕事ってことなんだろうね(笑)。だいたい、これまでにちょろまかしてきた金が莫大なんだから、今さら給与カットなんて言っても遅いよ。都合がいいったらありゃしない。

 一個思うのは、どうせなら不信任決議は最後の駒としてとっといて、ギリギリまで舛添さんを追い詰めればどうなっていたか。給与とか別荘だけでなく、いろんなものをどんどん手放していったかもよ。最後には「税金で旅行に行ったお詫びとして、妻と別居します。子は養子に出します」なんて言いかねない(笑)。

 こうなったらどんどん追い詰めてさ、まずは知事室を剥奪、椅子なしで机はみかん箱。スーツも剥奪。都庁の食堂使用禁止、。エレベーター使用禁止。トイレもダメってやっていってさ。最終的には、向かいの新宿中央公園でジャージ姿でテント張らせりゃいいよ。ホームレスを擁護する気なんてないけど、あの人が無駄に使った金があったら、公園のホームレス全員に部屋と仕事与えるくらいできただろう。ああいう人は、一回底辺を味合わないと本気で反省しないよ。今回の件だって、数年でみんな忘れるだろう。

 舛添さんは学者も作家もできるし、蓄えもあるだろう。彼にとっちゃ確かにマイナスだろうけど、失職なんて屁でもないだろう。政治家の不正と辞職に一喜一憂していても仕方ない。それなら、こうやって茶化して楽しんだほうがいい。こうなってくると、都知事選に行くかどうかも迷っちゃうね。政治なんてもうどうでもいいって、みんな思ってるはずだよ。

 

【関連記事】

網膜剥離の治療と深作眼科(2)
網膜剥離の治療と深作眼科(1)
『マトリックス』のレビューと、サレンダー、バニシング・ポイント
「山家」@渋谷はいつでも開いてて料理がおいしい!
ボブズリブズ (bob's ribs)@青山の骨付きリブを食らう!

関連記事

それでもベッキーが悪い

ゲス川谷を悪とするなら、ベッキーも同じく悪だろう『魅力がすごいよ』 しかしまあ、世間ってのは物事の上

記事を読む

消費税率引き上げ延期は無難な策

消費税10%は19年秋に見送り『新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903) 』 

記事を読む

自伝に見るドナルド・トランプの人物像

1、悪役を演じる狡猾なる経営者……? 『トランプ自伝』 大統領選を予知するかのような記述

記事を読む

老後も競争する未来の日本!?

保育と介護の抱える問題を一挙解決!!『人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか(中公新書)

記事を読む

大統領選挙から一夜明けて……

大統領選とメディアと有名人と 『トランプ熱狂、アメリカの「反知性主義」』 「ヒラリー優勢

記事を読む

自分の身は自分で守れ!

電通社員過労死、慶応大生集団強姦疑惑など『電通と原発報道』大企業も一流大もあてにならない時代 ここ数

記事を読む

なぜドナルド・トランプが支持されるのか?

世の中笑わせたもん勝ち『金のつくり方は億万長者に聞け!~大富豪トランプの金持ち入門~ 』トピックス 

記事を読む

言い訳に使える「ポケモンGO」

株価も動かすポケモノミクス『SAZAC(サザック) ピカチュウパーカー 男女兼用M 』Google×

記事を読む

舛添都知事はトランプを見習え!

都知事の出張費問題とトランプ候補の躍進『トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ』経費削減の世の中で、

記事を読む

東京パクリンピックと、オリンピックの歴史!

スタジアム建設費、エンブレムのデザイン……これからまだまだ問題が出てきそう! 『

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

本当に「優れた」企業の見つけ方

「株価」に含まれる膨大な情報 『投資家が「お金」よりも大切に

『投資家が「お金」よりも大切にしていること』感想

お金に対するマイナスイメージを払拭! 『投資家が「お金」より

『ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢』レビュー・感想

<巷のトランプ関連本の中では出色の内容!> 1、時代が後押し押

→もっと見る

  • 野村ノート (小学館文庫)
    新・野球を学問する (新潮文庫)
    パ・リーグがプロ野球を変える 6球団に学ぶ経営戦略 (朝日新書)

    サッカープロフェッショナル超観戦術
  • ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)

    シナリオの基礎技術
    使い方の分かる類語例解辞典

    冲方式ストーリー創作塾
  • ダ・ヴィンチ渾身 本気で小説を書きたい人のためのガイドブック (ダ・ヴィンチ ブックス)
    あなたも作家になれる
    「新人賞が獲れる!」小説原稿執筆の手順
    スーパー編集長のシステム小説術―才能なんていらない!
PAGE TOP ↑