ビートたけし、TBS「オールスター感謝祭」降板!

低視聴率が原因でのコストカットのためか!?

ビートたけしが、27日放送の情報番組『新・情報7days』(TBS系)の生放送中に、『オールスター感謝祭』(同)を降板させられたことを明かした。

  番組終盤、安住紳一郎アナウンサーが「さて、来週10月4日は『オールスター感謝祭』でこの番組は休みになります」と告知。すると、たけしがすかさず 「『オールスター感謝祭』は俺を降ろしやがってよ! 俺がやってたのに、お呼びがかかんないでやんの。どうなってんだよ!」と言い放った。

ピーク時には30%を超える高視聴率を記録。しかし、島田が降板して2度目の12年春の放送から14%を割り込み、昨秋には歴代最低の11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。

引用元:(cache) ビートたけしが「オールスター感謝祭」降板を告白 ネット上ではブーイング – ライブドアニュース

 

 ビートたけしさんは、これまでのキャリアの中で「何度も全盛期を迎えている」と言われています。最近では、2000年代終わり頃から現在までにかけて、27時間テレビでの中継出演、TBSニュースキャスター、そしてオールスター感謝祭での乱入出演などがあります。これは第3の全盛期、第4の全盛期などとも言われているのです。

 しかし、今回は残念なニュースです。オールスター感謝祭への今年の出演はナシとのことです。スキャンダルを起こした芸能人を見つけては、言っちゃいけないことを言って会場をざわつかせ、その後はおなじみのオリジナルクイズというのがここ数年のお決まりの流れでした。必ずと言っていいほど参加している松村邦洋さんとの「ビートたけし同士の言い合い」も面白かったです。

 理由は視聴率とのことで、おそらく出演料が高額であるたけしさんが降板という流れになったのでしょう。最近ではテレビ番組でも「リストラ」がどんどん起こっていると言われています。かつての人気番組「誰でもピカソ」の終了も、たけしさん以外の出演者のリストラに端を発したものでした。当初から共に頑張ってきた出演者のリストらを拒否する形で、たけしさんも降板。そのまま番組終了というのがその真相です(参考:(cache) 「まず俺を切れ」たけしのリストラ拒否で『誰ピカ』打ち切りへ – ライブドアニュース)。

 

27時間テレビは今後も継続予定!

 一方で、27時間テレビでの中継出演は今後も継続しそうです。2014年も攻めの姿勢を崩さず、薬物スキャンダルの某人気歌手を生放送でいじり、芸能界ではあるいみアンタッチャブルな存在であった、ジャニーズ事務所の社長「ジャニー喜多川」に扮して、共演者の中居正広さんをいじっていました。相変わらず、ビートたけしさんにしかできない「笑い」でした。

 タレントとして、そして映画監督としても相変わらず第一線を走り続けるたけしさん。来年には映画の新作も公開予定です(参照:novelUのBlog » 北野武監督、次回作は「七人の子分たち」!?)。これからも世間のタブー、テレビの常識を破っていって欲しいです。

FNS27時間テレビ「ビートたけし中継」presents 火薬田ドン物語(仮) [DVD]

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”37″ numberposts=”5″ tail=”
“]

未分類

Posted by hirofumi