マー君が肘の炎症で15日間の故障者リスト入り

2014年7月11日

復帰は最短で24日

Yankee-Stadium-gate4

The New Yankee Stadium Gate #4 by VideoPhotoholic

肘の状態について、詳細は不明

 ヤンキースの田中将大投手(25)が9日(日本時間10日)、右ひじの検査のため遠征先のクリーブランドからニューヨークへ戻り、緊急検査を受けた。

 田中は8日のインディアンス戦後、右ひじの異常を訴えてチームに報告。大事をとってこの日、ニューヨークへ戻り、MRI検査などを受けた。ジラルディ監 督は練習前の会見で「チームドクターが不在のため、まだ結果が分からない」とコメント。田中は15日間の故障者リスト(DL)入りした。

 復帰は早ければ球宴明けの24日以降。

引用元:(cache) マー君、DL入り…MRI検査もジラルディ監督「結果分からない」

 

 今回の故障者リスト入りによって、少なくとも1試合、先発に穴が空きます。日本時間14日、オールスターを翌日に控えた前半戦の最終戦に登板予定でした。オールスターと休養を挟んで、後半戦は19日からスタートです。最短で帰ってきて、24日に復帰登板をすれば、チームへの影響は最小限に留まるでしょう。

 軽傷であることを願いますが、もし軽傷であれば、マー君にとってはいい休養になるでしょう。オールスターは出場辞退でかわりに上原選手が出場です。2週間ほどの休養を取って、中4日の登板の疲れを回復してもらえればいいです。

 ここ数試合で不調だったこともあり、休養の意味でDL(故障者リスト)入りしたと思っていましたが、監督は「残念だ」という旨のコメントをしています。自己申告で痛みを訴えたということで、問題が起こった可能性が高いです。

 

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”36″ numberposts=”5″ tail=”
“]