マー君、復帰戦を白星で飾れるか!?

2ヶ月ぶり、13勝目をかけて先発!!

tanaka-comeback

Ben Eine – The Strangest Week : Smiley Faces / Acid House Faces – Hackney Road / Diss Street, London E2 by bobaliciouslondon

公式ブログも2ヶ月ぶりに更新!

【ポイント】
  • 2014年9月22日(日本時間)、ブルージェイズ戦で先発
  • 復帰戦含めて2試合の先発予定。球数70球程度の制限付き
  • 怪我前の成績は「18試合(129回1/3)、防御率2.51、12勝4敗、135奪三振、19与四球」

 

明日のヤンキースタジアムでのブルージェイズ戦に登板します。
まずは、ケガをしてからも変わらずサポートをしてくださった周りの方々に感謝しております。ありがとうございます!
約2ヶ月ぶりの登板で色々と確認しなければいけないこともありますが、チームに勝利を持ってこられるように投げたいと思います!
明日もたくさんの応援よろしくお願いします‼︎

引用元:復帰します|田中将大オフィシャルブログ「氣持ち」Powered by Ameba

田中は、投球数を70~75球に制限されるもよう

ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は、メジャーリーグでの試合と、ブルペン投球や実戦形式の練習はまったくの別物だと危惧。「最後の練習では、時速 92~93マイル(148~150キロ)と平凡な球速だった。さらに、試合ではひとつひとつの投球が重要になる」と述べ、体にかかる負担が非常に大きいこ とを懸念

引用元:(cache) 田中将、22日の復帰戦に向け意気込み「チームに貢献できる事が嬉しい」 (MLB.jp(GyaO!)) – Yahoo!ニュース

 

 いよいよ、待ちに待った復帰戦です!! 思えば前半戦に破竹の勢いで勝ち星を重ね、7月の始めですでに12勝をあげ、勝利数でトップに立っていたマー君。 しかし、そこからまさかの戦線離脱。続報で「靭帯部分断裂」と発表され、長期離脱が確定的、手術で今季及び来季の大半が絶望という可能性も示唆されました。しかし、最新の治療法を選択し、予定からは遅れたものの今シーズン中に復帰登板を迎えることとなりました。

 残りシーズンおよび登板について見ていくと、復帰戦を含めて2試合先発の可能性があり、球数制限がなされます。70球程度ということで、マー君ならば5回は十分投げきれるでしょう。せっかくの復帰戦なので、やはり勝利をあげて欲しいです

 

新人王の可能性もまだある!?

ESPNでは記者、解説陣を総動員して、「誰がタイトルを勝ち取るか」を予測。ア・ リーグ新人王では、キューバ出身の27歳、ホワイトソックス一塁手、ホセ・アブレイユが賞レースのトップを独走としている。打率3割2分を超え、本塁打は 40本に達しそう。打点は早くも100の大台をクリアした。受賞は「文句なし」としている。

 だが、「タナカは新人王以上だ」。こんな主張を根強く繰り広げるメディアが存在するのも確かだ。MLBのITサイト「スポーツオンアース」では、「新人王は今季の働きだが、もっと長期的に見るべき」と、将来性を加味したルーキーたちの分析を行っている。

引用元:(cache) 田中将大の新人賞獲得を根強く支持する声「田中は新人王以上だ」 – ライブドアニュース

 アブレイユはすでに3割30本100打点をクリアしています。新人でこの成績ならば、間違いなく新人王、ほぼ確定といって間違いありません。ただ一方で、前半戦のみで12勝、サイヤング賞の最有力候補であった田中将大選手を押す声も少なからずあります。

 アブレイユとマー君は立場が似ています。どちらも他国のリーグで実績があり、超一流選手としてキャリアを積んでいます。加えて、年齢も1個違い(アブレイユが27歳、マー君は26歳)。条件は同じということで、やはりアブレイユの新人王受賞は間違いないでしょう。こうなると、重要なのは怪我が再発しないことと、少しでも勝ち星を重ねることです。

 いずれにしても、明日はナイスピッチングを期待しています!

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”36″ numberposts=”5″ tail=”
“]