マー君9勝目!強力アスレチックス打線を抑える!

2014年7月4日

チームの連敗を止めるナイスピッチング!

 tanaka-9wins_1

photo:9 (or is it 6 upside down?) by Pirate Alice

2014年6月6日アスレチックス戦の結果

  • 6回104球、被安打5、奪三振4、四死球1、失点1
    【通算】防御率2.02(1位)、9勝1敗、92奪三振
  • ここまで12戦連続QS!(6回以上3自責点以内)

 

 今日の相手はホームランと打点でリーグ2位、防御率は1位、ア・リーグ西地区1位のアスレチックスでした。強力打線を警戒してか、球数が少々多くなってしまいましたが、6回を投げきり、初回のホームランのみの1失点で9勝目をあげました。

 ヤンキースは4連敗中であり、前回のマー君先発時以来勝ち星がありませんでした。そこで強豪チーム相手に再び勝利し、連敗をストップ!ヤンキース打線もなかなか点が取れず、2-1でぎりぎりの勝利。

 

 最近の田中将大選手を見ていると、楽天時代を思い出します。いまいち乗り切れないチームにあって、必ずナイスピッチングをして連敗を止める。調子は決して良くないものの、点は取られない。まさに日本時代と同じです。

 メジャーに行っても、マー君は相変わらずです。ランナーは出すもののピンチで必ず抑え、必ずチームを勝利に導く。マー君が投げれば勝てるという雰囲気があって、味方も精一杯のプレーでもり立てる。舞台は日本でもアメリカでも、マー君はやはり頼りになります

 

 

早くも見えてきた二桁勝利!次回の対戦相手は岩隈選手!

tanaka-9wins_2

photo:Hisashi Iwakuma by Keith Allison

  マー君は早くも10勝に大手をかけました。二桁勝利をかけた試合は日本時間6月11日マリナーズ戦、先発は岩隈選手の予定です!

 岩隈選手といえばかつて楽天時代の同僚、タイプは違いますが、素晴らしい才能を持ったマー君にとって、兄貴分であり、ライバルでもあった投手です。楽天時代を思い出すと、調子のいい時の岩隈選手はマー君以上の安定感を見せていました。今でも抜群のコントロールと打たせて取るピッチングは健在です。

 

 今年は怪我で出遅れた岩隈選手でしたが、好投を続けて現在4勝、防御率も2.66と相手にとって不足なし!岩隈選手が好調であれば、ヤンキース打線は沈黙するでしょう。緊迫した投手戦が見られるかもしれません。

 マー君の10勝も見たいですが、それ以上に、2人の投手戦が楽しみです。お互いナイスピッチングで、0-0のまま両者降板ということもありえそうです。次回は午前11時からの試合ですから、夜更かしも早起きも不用!楽しみにしています。

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”36″ numberposts=”5″ tail=”
“]