マー君5勝目!

2014年7月4日

もはやエース級の安定感!無傷の5勝目!

田中5勝目

photo by Nicolas Vigier

2014年5月10日ブリュワーズ戦の結果

  • 6回1/3、被安打7、四死球1、奪三振7、失点2(防御率2.57)
  • 味方が先制し5回まで無失点のナイスピッチング!
  • 連勝記録は33に!
  • ここまで7戦連続QS!

 

 この日の話題は、昨年と同じようにノーヒットノーラン未遂をしてしまったダルビッシュ選手にもっていかれましたが、きっちり5勝目。好調の時は相手を圧倒するダルビッシュ選手と、ランナーは出しても粘って勝利を勝ち取る田中将大選手ということで、二人の日本人ピッチャーのいいところが見れた日でした。

 

 もうひとつ話題になったのは、マー君のメジャー初打席です。結果は3三振ということで、中継は見ていませんが、思い切りスイングしたのだろうなあと想像がつきます。バッティングは得意な選手なので、そのうちヒット、あるいはホームランも見れると思います。

 

 

チーム内での成績はナンバーワン!

ここまでチーム内では勝利数、防御率、奪三振の3冠。投球回数、WHIP(1イニング当たりの四球+安打)を含めれば5冠となり、その貢献度は計り知れない。

引用元:(cache) 成績はどれもチームトップ!? 圧倒的な数字が物語る田中将大のエースの地位 (Full-Count) – Yahoo!ニュース

 

 リーグ内で見ても、奪三振と勝利数は3位以内につけているので、タイトルも十分狙える位置にいます。新人賞と言わず、最多勝、最多奪三振、そしてサイヤング賞に向けて、好調を維持してほしいです。

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”36″ numberposts=”5″ tail=”
“]