小説の数字の表記[小説の書き方]

2017年11月8日

縦書は漢数字が基本!

日本語の正しい表記と用語の辞典 第三版

 ここでは、縦書の小説を前提として、数字の表記を説明していきます。ブログの都合上、横書きでの説明になりますので、ご了承ください。

もくじ

1. 縦書の基本は漢数字

1-1. 縦書は漢数字が原則

  小説は縦書になります。この場合、原則として漢数字を使います。

 【原則は漢数字】

  • 一つ
  • 二種類
  • 三回
  • 十一個
  • 百円
  • 五千万人

 ただし、これらは原則であり、算用数字を使っている小説もあります。

1-2. 算用数字を使う場合

  縦書でも算用数字を使うことはあります。その際のルールをいくつか見ていきます。
(※ここではパソコンのWordの使用を考慮しています)

【一桁は全角】

【二桁は半角で縦中横(縦書の場合)】

  • 12

 縦中横については、こちらのページを参照してください。

 縦書で二桁の数字を使う場合、「半角」「縦中横」という機能を使うと、ひとマスに文字が二つ並び、きれいに収まります。

【三桁以上は全角と漢字】

  • 800
  • 8000
  • 8万8000

 

2. よく使う数字の書き方

2-1. いろいろな単位

【重さ、長さ、面積、割合、熱量などはカタカナで】

  • キログラム
  • メートル
  • 平方キロメートル
  • パーセント
  • キロカロリー

 単位の中でも、漢字表記をするのが一般的なものもあります。

  • 百度(温度)
  • 一畳
  • 一分
  • 一里

 単位については、以下のページも参考になります。

2-2. 概数

参考:「同じ10でも,「一〇」と「十」はどう使い分けるのか?

【概数は「、」を使う】

  • 六人
  • 三百万円

【「から」をつかう場合】

  • から六人

 前にもしっかり「人」をつけましょう。

2-3. 年齢

参考:「同じ10でも,「一〇」と「十」はどう使い分けるのか?

【年齢の基本】

  • 十五歳
  • 二十四歳

 年齢については、十や百といった単位を使わないこともあります。ただし、他の表記との兼ね合いから、上の書き方を原則とした方がいいようです。

【単位を使わない書き方】

  • 一五歳
  • 二四歳
  • 三〇歳

3. 特殊な表記をするもの

3-1. 西暦・年代

【西暦・年代】

 西暦や年代は見やすさを考慮して、「十」「百」「千」といった単位は使いません。また、漢数字のゼロ「〇」を使います。丸「◯」とは違うので注意しましょう。
 wordならば、キーボードで数字の「0」を押してからスペースキーで探すことができます。

  • 五〇年代
  • 二〇一四年

3-2. 小数点

【小数点は「・」を使う】

 小数点を使用する場合は、中点「・」を使用します。

  • 一四(円周率)

3-3. 電話番号

【電話番号】

 電話番号も西暦と同じです。

  • 〇九〇―????―????
  • (〇三)????―????

 ここで、数字をつなぐ記号をどうするかという問題があります。ここはダッシュ「―」、長音「ー」などを使用するようです。