小説の書き方(物語,ストーリー作成/シナリオ,プロット利用)[初心者,基本,参考書]

2017年11月8日

『シナリオの基礎技術』を参考に、ストーリーを書いてみよう。

※本記事は 『シナリオの基礎技術』を参考にして、小説の書き方を紹介していきます。中でもストーリーの書き方に注目し、シナリオ・プロットを利用したストーリー作成方法を見ていきます。

小説の書き方(物語,ストーリー/シナリオ,プロット) – 目次

<簡単でわかりやすい小説のストーリー作成方法>

  • シナリオ・プロットからストーリーをつくる
    • ストーリーとシナリオ・プロットの関係
    • プロットのわかりやすい例
  • シナリオ・プロットは起承転結を意識する。
    • 「起承転結」でストーリーに起伏をつける
    • テーマやモチーフを使って、ストーリーに味付けする
  • 起承転結の「」のポイント
    • 冒頭のシーンで書くべきこと
    • 冒頭にはテーマと反対の主張を置く
    • テーマと冒頭の描き方を自分で考えてみる
    • 冒頭のシーンの展開の仕方
  • 起承転結の「」のポイント
    • 「承」(展開部)は「シーン」の組み合わせ
    • 「シーン」の作り方
    • ストーリー展開を複雑にする「シーン」の技術
  • 起承転結の「」のポイント
    • 転(クライマックス)は「説明」ではなく「描写」する
  • 起承転結の「」のポイント
    • 結(ラストシーン)

<まとめ・その他>

  • 実践的なストーリーの作り方
    • 1.「(起)オープニング」(イントロダクション)ですべきこと
    • 2.「(承)プロセス」ですべきこと
    • 3.「(転)クライマックス」ですべきこと
    • 4.「(結)ラスト」ですべきこと
  • その他ストーリー作成に役立つ考え
    • キャラクターを中心としたストーリーの作り方
    • 障害物を置いてストーリーを作る

簡単でわかりやすい小説のストーリー作成方法

シナリオ・プロットを利用したストーリーの作り方

ストーリーとシナリオ・プロットの関係

 小説を書くにあたって、まず思い浮かぶのはストーリーの重要性でしょう。ストーリーを考えていくといろいろなアイディアが出てきますが、それをまとめて文章にしていくのは大変な労力が必要です。そこで、ストーリーを簡略化したシナリオ・プロットというものが役に立ちます。

 シナリオ・プロットはざっくり言うと物語の筋を簡潔に記したものです。シナリオは場面ごとに人物の行動や会話を記したもの、プロットはそれをさらに簡略化したものと考えればいいです。シナリオ・プロットは小説の長いストーリーを作る上での骨組になりますし、断片的なアイディアを長いストーリーまでまとめていく際にも非常に役立ちます。

プロットのわかりやすい例

【桃太郎のプロット】
  1. 桃から生まれた桃太郎が鬼退治へ向かう
  2. 鬼ヶ島への道中、動物たちを仲間に入れる
  3. 鬼を退治する
  4. 宝を持って返ってくる

  このように、簡単な話の流れ、あるいは物語の中で登場人物が何をするかをプロットとします。非常に簡略化されたものですが、大体のストーリーはわかります。

 さて、ここから長いストーリーに発展させるには、どうすればいいでしょうか? ここでは一例として、登場人物の行動や話の展開の「理由」「背景」を考えてみましょう。

【理由・背景を考えてプロットを膨らませる】
  1. 桃から生まれた桃太郎が鬼退治へ向かう
    桃太郎は誰が育てるか、どうして鬼を退治するのか?
    ⇒やさしい老夫婦が川で大きな桃を拾い、中から出てきた子供を育てる。鬼は悪さをして村人を苦しめている。
  2. 鬼ヶ島への道中、動物たちを仲間に入れる
    仲間は誰にするか? どうやって動物たちを仲間に入れるか?
    ⇒犬、猿、キジ。老夫婦がつくったきび団子で彼らを釣る。
  3. 鬼を退治する
    どのようにして鬼を退治するか?
    ⇒きび団子を食うとパワーアップする。犬は噛み付き、猿は引っ掻き、キジは突く。
  4. 宝を持って返ってくる
    宝はどうするか?
    ⇒村人と老夫婦に配り、幸せになってもらう。

 最初は短い文章だけでしたが、理由と背景を考えることでストーリーが膨らみました。ふと頭に思いついた小説のアイディアというのは、最初の段階では断片的で情報量が少ないものです。そこで、上で行ったように、自分のアイディアに対して疑問を投げかけてみます。

 これを繰り返すことでプロットの情報量が増えていきます。そして、ある程度まで積み重なったところで、いよいよストーリーを実際に書いていきます。こうすれば、無理なく自然と長いストーリを生み出すことができるのです。

 ストーリーを書いていく中で、プロットは何度も見直し、適時修正していきます。情報を簡潔にまとめたものがあれば、全体像を常に把握でき、新たなアイディアが生まれやすくなります。また、自分のストーリーを客観的に捉えることができ、ストーリーの修正に非常に役立ちます。

シナリオ・プロットは起承転結を意識する。

「起承転結」でストーリーに起伏をつける

 小説の物語・ストーリーを簡略化したものがシナリオ・プロット。シナリオ・プロットを使えば、無理なく長いストーリーを生み出せる。では、次はシナリオ・プロットの作り方のコツを見ていきます。ここでは、「起承転結」を使った例を見ていきます。起承転結とは物事の順序を現す四字熟語で、ストーリーに起伏をつける時の良い例になります。まずはそれぞれがどのような要素で構成されているかを確認します。

  • 起……情勢(状況)、場所、人物の紹介。
  • 承……事件や事情の積み重ねでドラマが進行。シナリオの80%以上を占める
  • 転……ストーリーの大きな転換。テーマを伝える。
  • 結……展開してきたストーリーをまとめる。テーマの定着と余韻。

 説明を読めば大体わかると思いますが、「起」では、どういう人物がいて、どんな状況に置かれているかを説明します。「承」は物語の中心的な部分で、登場人物たちが事件に巻き込まれたり、あるいはいろいろな事情によって動き出します。アメリカのアクション映画などを見れば、まさにこの形となっています。さらに、事件・事情はいくつも連続して起こります。一つの事件を解決したと思ったら、今度は新たな問題が起こる。それもなんとか解決したが、さらにまた新たな事件が起こる。登場人物はどんどん事件の奥深くに巻き込まれ、その時々で一喜一憂する。そのようにして、ドラマが進行していきます。

 そして「転」です。これはその文字をみても分かるように、ストーリーの大転換が起こります。それまでの事件や事情の積み重ねであったり、あるいはそれらを超える大きな展開、はたまた全てをひっくり返す大どんでん返しであってもいいです。そして最後の「結」で、ここまで展開させたストーリーをまとめます。オチなどと呼ばれますが、まさにそれです。

テーマやモチーフを使って、ストーリーに味付けする

 「転」「結」のところに赤字でテーマについて書いてあります。これは小説などのストーリーを描く上で重要なものになります。また、テーマに関わるものとして「モチーフ」があります。これらはストーリーをさらに深める味付けでもあります。

  • テーマ……主題。物語を通して何を伝えるか。作者の考え、思想、主張
  • モチーフ……テーマをどう描くか? テーマの捉え方・表現方法

 『シナリオの基礎技術』の例を参考にすると、例えばテーマを「戦争は悪」と設定します。その場合、テーマは同じでも描き方はいろいろあります。例えば戦争映画なら、兵士同士の友情を軸に描くことができます。この場合、戦争という「悪いこと」の中で、友情という「良いもの」を描き、両者の対比によってテーマを描くわけです。

 一方、戦争に駆り出されることで恋人が離れ離れになるという描き方はどうでしょう? この場合、「平和な日常」がまずあり、それを壊すものとして「戦争」が描かれます。さらに別の方法として、戦争に賛成の人や、結果的に戦争によって救われた人を登場させてみます。そうなると、今度は「戦争は本当に悪いのか?」と、テーマをある意味で哲学的な方向から捉えることになります。このように、テーマをどう描くかによって、ストーリーの展開は大きく変わるのです。

起承転結の「起」のポイント

冒頭のシーンで書くべきこと

【冒頭のシーンに必要なもの】
  1. 情勢(状況)、場所、人物を明確にする
  2. 物語の方向性を明確にする
    喜劇、悲劇、サスペンス、アクション、恋愛ものetc……
  3. 魅力性
    魅力的な「人物」「場所」「謎や疑問、予感」「行動」
  4. 最適な切り口

 このうち説明が必要なのは、まず「3.魅力性」でしょう。物語はあくまで「非日常」を描くものです。例えば「場所」なら、日常の中では見られないもの、見えにくいものを描くというのが基本です。また、「日常」をテーマにした物語もありますが、その場合は日常の中で見過ごしているものを描けば、魅力が出てきます。魅力性の中でも 「謎や疑問」はわかりやすいでしょう。特にサスペンスやミステリーなどでは、謎の事件、謎の人物などが無いと、物語が成立しません。また、「何かが起こりそう」と読む人に予感させることも重要です。

 「4.最適な切り口」については、例えば冒頭に事件が起こるとしても、起こる前から書き始めるのと、事件がすでに起こっている時から書き始めるのでは、後者の方が読者をひきつけます。サスペンスなどではよくある手でしょう。

冒頭にはテーマと反対の主張を置く

 テーマについては先述したとおり、「主題。物語を通して何を伝えるか。作者の考え、思想、主張」になります。小説を作る上で、そしてストーリーを作る上で、テーマは核となるものであり、テーマがあるからこそ小説を書くと言っても過言ではないでしょう。テーマはストーリー全体を覆うものですが、テーマについて描くのはストーリーが最も盛り上がった時です。起承転結で言えば「転」=クライマックスとなります。

 では、クライマックスでテーマを上手に伝えるために、「起」の部分ですべきことは何でしょうか? その方法の一つに「テーマと反対の主張を置く」のがあります。記事の始めの方出したテーマの一例「戦争は悪」の場合、あえて冒頭で「戦争は善」「戦争は正義」「戦争は必要」といった主張を置くのです。

 すると、話は例えば次のようになります――

 時代は20世紀始め、軍国主義の時代の日本。「国力を高めるには他国に攻めていき、植民地を拡大するのが一番だ」という考えのもと、世界大戦に突入。しかし、国力増強・植民地拡大はあくまで政府の意向であり、実際に戦いをするのは兵士となる国民。戦場では主義も主張も関係なく、単に殺し合いをするだけ。そして、戦争を続ける中で人も物も失われていき、国力はむしろ低下するばかり。最終的には原子爆弾で取り返しのつかない被害を受け、ようやく「戦争は悪」だと気がつく

――あえて最初に逆の主張を置くことで、ストーリーに起伏ができるのがわかってもらえたかと思います。最初から「戦争は悪だ」という主張で進めると、物語は単調なものになるでしょう。また、逆の主張を最初に置くことで、むしろ話を展開しやすくもなります。

テーマと冒頭の描き方を自分で考えてみる

 先ほど紹介した方法は『シナリオの基礎技術』で紹介されていたものですが、これを参考に自分でアイディアを出すことは簡単です。ここでは管理人の私が、ちょっと別のストーリーを考えてみます。では、例えば、テーマ「戦争は悪」に対して、冒頭でとびきりの悪人を登場させたらどうでしょうか?――

 殺し以外の犯罪は何でもやってきたような悪人が戦争に駆り出される。初めは粗暴な言動で喧嘩がたえなかったが、過酷な状況で集団生活をし、衣食住を共にすることで、徐々に仲間たちと友情を深めていく。今まで友人と呼べる存在のいなかった彼にも、親友と呼べる存在ができる。しかし、戦況は悪化していき、仲間がどんどん死んでいく。ついに親友が命の危険にさらされ、そこで彼は生まれて初めて人助けをし、そのために命を失ってしまう。戦争が終わり、仲間たちは彼の死を悲しみ涙し、国は彼の勇敢な行動をたたえて彼に勲章を与える。一方、彼の出身地である田舎町の人たちは、彼が死んで「ざまあみろ」と言い、「勲章を与えるなんて馬鹿げてる」と言う。

――思い付きで短いストーリーをつくってみましたが、テーマを意識し冒頭で何を描くかを考えると、起伏のあるストーリーを生み出せるわけです。みなさんも遊びながらストーリーを作ってみるといいでしょう。

冒頭のシーンの展開の仕方

 冒頭のシーンは大きく分けて2つのパターンがあります。

【冒頭のシーンの2パターン】
  1. いきなり事件を起こす:
    事件のまっただ中、あるいは目立つシーンから始めていく方法
  2. 徐々に展開させる:
    場所、状況、人物などを徐々に紹介していき、ゆっくり話に入っていく方法

 1.の場合は、何よりも読者を惹き付けやすいです。近年の小説にとっては典型とも言える方法です。この場合、状況説明を後からしていくことになります。時系列がバラバラになるので、話の流れを切らないように上手に説明するテクニックも必要とします。

 2.の場合は状況説明は難しくありません。しかし、ゆっくりとした始まり方となるため、「起」のあとの「承」「転」の内容をしっかりさせる必要があります。大きなテーマを持ち、ある程度の分量と内容をもった作品に向いていると思います。

起承転結の「承」のポイント

「承」(展開部)は「シーン」の組み合わせ

 「承」(展開部)は物語の80%以上を占め、核となる部分です。冒頭部分がインパクトがあり、クライマックスやオチが奇抜なアイディアであっても、それらをつなげるこの部分がしっかりしていないと、意味がありません。

 「承」の部分を考える上で大切なのは「シーン」です。ただ話をダラダラ展開させるのではなく、面白い「シーン」を考えて組み合わせていくことで、メリハリができます。また、個別のシーンを一つずつ考えていく方が分量の多い小説は作りやすいはずです。

「シーン」の作り方

 では、シーンはどのようにして作っていけばいいでしょうか。それにはいくつかのコツがあります。

【シーンに必要なもの】
  • 事件を挿入:
    事件、事故、病気、天災など
  • 事情を挿入:
    職場の事情、家族の事情、人間同士の個別の事情など
  • 「秘密」を使う
  • 「伏線」「ハプニング」を使う
  • 「表のシーン」と「裏のシーン」を使い分ける

 小説にもよりますが、「承」はストーリーの大半を占める大切な部分です。重要なのは、いかに飽きさせず物語を展開していくか。そうなると、やはり見るものを惹きつける要素が必要になります。この点では「起」の部分と似ていますが、「承」では事件だけではなく、登場人物の内面や心情について書く必要があります。これが「事情」としておきます。

 また、シーンには2つの種類があります。表のシーンはテーマと直接関係のあること、主人公が直接関わること、中心的な場所や場面です。一方、裏のシーンはテーマとは直接的な関係はないもの、主人公とは直接関係のないこと、サブの場所や場面です。メインのテーマがあり、それと深くかかわる主人公がいて、中心的な場面での出来事を描くのが基本ですが、それだけだとストーリーが単調になってしまいます。そこで、裏のシーンをつかってみます。

 例えば、主人公の意思や行動を邪魔するような場面。映画などを見ていると、「こんなことしている場合じゃないのに」といった場面があるでしょう。あえてストーリーの中に障害物を設けることで、見ている人は主人公の気持ちに共感したり、ハラハラドキドキできます。また、テーマとは無関係の場面や出来事、人を登場させることで、テーマを客観的に捉えることができます。このように、「裏と表のシーン」を意識すると、いろいろなシーンを生み出すことができるのです。

ストーリー展開を複雑にする「シーン」の技術

 残りのものを説明していきましょう。「秘密」は、読者に知らせないものと、登場人物が知らないものの2つがあります。読者に知らせない秘密の例としては、ミステリー小説の事件のトリックや犯人があります。登場人物が知らない秘密は、逆に言えば読者は知っている秘密です。例えば、主人公の登場しない裏のシーンで、主人公に関わる重要な事件があれば、これに当たります。秘密があると、後でそれが明らかになることで読者は驚きます。また、秘密を知らない主人公を心配して、ハラハラします。読者を楽しませるという意味で、秘密が役に立つというわけです。

 「伏線」については、あらかじめ何かしらの事件を作者が想定しておき、事件を予期させるような情報を事前に提示するテクニックです。逆に、情報提示が無く、いきなり事件が起こればハプニングになります。伏線やハプニングは小説にはお馴染みの手法です。

起承転結の「転」のポイント

転(クライマックス)は「説明」ではなく「描写」する

 「起承転結」の中でも見せ場にあたるのが「転」(クライマックス)ですが、前の2つがしっかりできていれば、読者にしっかりテーマは伝わります。ただ、注意点とポイントがあるので、見て行きましょう。

【クライマックスの注意点/ポイント】
  • テーマについての説明や議論は避ける
  • 登場人物を集める

 まず1つ目ですが、これは初心者が間違いやすいところです。テーマを伝えたいがために、主人公に説明をさせたり、登場人物同士を議論させたりすると、文章はぎこちないものになってしまいます。小説や物語はそもそも、ある出来事を描写していくことで読者に何かを「感じさせる」ものであり、「説明する」ものではありません。それを説明文や議論で表現してしまうと、物語は嘘っぽくなり、読者は冷めてしまいます。登場人物が事前にテーマを知っていたかのように見えることもありますし、作者の考えに沿ってわざわざ議論をしているようにも見えてしまいます。それを感じさせないのが創作です。

 2つ目については、クライマックスでは重要な登場人物を同じ場所に集めます。例えば家族の絆をテーマにした物語では、子どもたちが成長し、進学や就職で家を出ていき、やがて家族は別々に暮らすようになります。その後、家族の病気などといった「きっかけ」によって皆が集まり、そこで絆を確かめ会うわけです。他にも、推理小説では、クライマックスのシーンで警官も探偵も容疑者も関係者も一堂に会し、謎解きを行っていきます。

 クライマックスに至るまでのシーンでは、テーマに関するいろいろな出来事が起こっています。それをまとめるには、自然と主要な人物を集める必要が出てくるのです。ただ、あくまで説明や議論をさせてはいけません。描写、人物の表情、あるいはちょっとした一言などを使って、全体としてテーマを感じさせるのです。また、

起承転結の「結」のポイント

結(ラストシーン)

 この記事の冒頭でも書きましたが、結(ラストシーン)は「テーマの定着と余韻」という役割を持っています。テーマはすでに「承」(クライマックス)で伝わっているので、それを別の形で表現、例えば象徴的なシーンを最後に提示するなどして、クライマックスの余韻を楽しんでもらうというわけです。

 例えば、先ほど例にあげた家族の絆を描く物語ならば、クライマックスでは家族が一堂に会して絆を確かめ合いました。そうしたら、ラストシーンはどうなるでしょう。あくまで私見ですが、子どもたちがそれぞれの家へ帰ったのち、ガランとした家の中で、お母さんが押入れからアルバムを引っ張り出し、昔の家族写真を眺めている、などというシーンを置けばいいでしょう。「テーマの定着と余韻」はこれでしっかり果たせます。

 一つポイントとして本の中で示してあるのは、「未解決なものを残して置く」「続きがあるような描き方をする」です。あくまでメインテーマは消化しつつ、未解決のものや続きを示しておくと、まさに物語の「余韻」になります。