文章執筆にはサンワダイレクトのPCデスクが超おすすめ!!

調整可能な棚、高い強度と安定性、組み立て易さ。高品質で安心して使えるデスクはこれ!

サンワダイレクト パソコンデスク 収納ラック付デスク PCデスク 幅120㎝ 100-DESK064

もくじ

デスクトップパソコンとプリンタが置ける!

サンワダイレクト パソコンデスク 収納ラック付デスク PCデスク 幅120㎝ 100-DESK064

【抜群の収納力】
  • 棚の一番下にパソコン本体、一番上にプリンタを置くことができる
  • 開いたスペースに本などを収納。
  • 縦60cm横120cmの大型天板で、机の上も広く使用可能(※高さは約70cm)。

 

 

 

サンワダイレクト パソコンデスク 収納ラック付デスク PCデスク 幅120㎝ 100-DESK064

 【棚の位置は自由自在】
  • デスクトップパソコン本体を収納可能
  • A4~A3の大型ファイルも収納可能
  • パソコンや大型ファイルが不用なら、棚を中央に設置して小さいものをたくさん収納

 

 

組み立て簡単で強度もしっかり!

サンワダイレクト パソコンデスク 収納ラック付デスク PCデスク 幅120㎝ 100-DESK064

【強度と安定性】
  • アジャスターで縦のグラつき防止。
  • クロス補強で横のグラつき防止。
  • パイプやネジの作りもしっかりしていて、全体として強度はかなり高い。

 

 実際にデスクを利用して数週間。1日に何時間もキーボードを打つことがありますが、揺れが気になったことはほとんどありません。組み立て時に持ち上げたり移動したりする中でも、パイプや接続部の弱さはほとんど感じませんでした。

 

 

 

sanwa-pcdesk06

 【組み立て簡単】
  • 説明書はもちろん日本語
  • 付属の2つレンチで簡単に組み立てられる

 

 組み立て時にネックとなるのは重さくらいです。女性一人で天板を載せるのは少々きついかもしれません。それ以外は非常に簡単です。付属のレンチが非常に使いやすく、説明書も丁寧でわかりやすいです。

 

競合商品の中でも品質はピカイチ!

 この棚一体型のデスクは人気商品で、いろいろなメーカーから似たような商品が販売されています。Amazonだけでも3つほどの商品があります。値段の幅が広く、購入時に僕もどれにするか悩みました。

 

 

 このうち一つはご存知の方も多い「山善」という日本のメーカーの商品で、価格はサンワダイレクトのものとほぼ同じです。もうひとつはよくわからないメーカーの格安商品であり、値段は半額近くなっています。

 

 【デスクトップPCを使う人にはこのデスクが一番】

 サンワダイレクトの商品も含めて、サイズやデザインはほぼ同じです。しかし、一つだけ大きな違いは、サンワダイレクトの商品は棚の位置が変更できるということです。これによって高さのあるデスクトップパソコン本体をデスクの下に収納できます。デスクトップパソコンを使用しない人にはどうでもいいかもしれませんが、棚の位置を自由に変更できるか否かは大きなポイントです。

 しかし、ほぼ半額で購入できる格安商品も魅力的です。それを買わなかった理由は、品質面の不安です。パソコンを収納する予定で、尚且つデスクワークが多いなら、信頼できるメーカーが良いと思いました。その結果、サンワダイレクトの商品にしたというわけです。

 

 【人によっては他の商品がベスト】

 ただ、他の二つの商品にも良いところはあります。山善のデスクは棚が調整できないですが、すべての棚にブックガードがついています。棚に収納するものが本やCDなど高さのないものが多い方には、最もおすすめできます。

 一方、格安商品もレビューを見る限り問題はなさそうです。少々荒っぽいところもあるようですが、コストをとにかく抑えたい人には一番でしょう。

 

 

ついでにコスパの良いOSチェアも紹介!

SANWA SUPPLY SNC-A1BK OAチェア ブラック

 

 こちらの商品も品質で選びました。Amazonのレビューを参考に、昇降部分の強度、背もたれの強度、クッション性などがどれもしっかりしているとのことで、この商品に決定しました。

 実際に使用してみて一番感じたのは、クッション性の高さです。お尻の部分はもちろん、背もたれのクッションも適度な固さで、長時間の作業でも疲れません。高級OSもチェアと比べられると困りますが、3000円以内の商品の中では、かなり質のいいものだと思います。

 市販のデスクは高さが70cmのものが多く、椅子によっては高さが合わないことも多いようです。その点、この椅子は40cmから50cmまで調整可能なので安心です。足を組んで作業することもできますし、クッション性が高いので椅子の上であぐらをかくこともできます。

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”16″ numberposts=”5″ tail=”
“]