【70年代プログレッシブ・ロック】洋楽ロックの名盤とおすすめバンド②

2018年1月20日

エマーソン・レイク・アンド・パーマー(1970~80年)
ロックとクラシックの融合!

エマーソン・レイク・アンド・パーマー

 ELP(略称)は、プログレバンドである前に、いろいろな独自色を持っている。まず一つは、ギター不在で、キーボード・ベース・ドラムのトリオ編成という点。楽曲に全くギターを使用しないということではなく、ギターパートが不在ということ。ただ、ロックバンドとしては異色。ギターはロックの核でもある楽器であ り、バンドの中でのギタリストは、作曲家であったり、バンドのリーダー、スターであることが非常に多い。そんなギタリストの代わりに、優れたキーボーディ スであるキース・エマーソンがいるのがELP。

  キース・エマーソンは、シンセサイザーをロックに導入した人物のひとりとしても有名。ちょうどシンセサイザーが注目され始めたのが1960年代末あたり で、私の知っている限りではザ・フーなんかも同時期に導入している。

 シンセ、キーボード、ピアノなどの鍵盤楽器を全面に押し出した楽曲も多く、その点で他のプログレ・バンドとは一線を画す存在でもある。殆どの曲で、とにかく軽快なリズムのキーボードが鳴り響き、楽曲を引っ張っていく。多彩な音が使い分けられており、ギターの役割もしっかり担っている。その辺が非常に面白い。ギタリストの不在を全く感じさせないほど、ハードな楽曲もこなす。もう一つ言っておくべきことは、ELPのボーカルは、元キング・クリムゾンのグレッグ・レイク。ただ、クリムゾンとは曲調が正反対のバンドであり、声は一緒だけど曲はポップということで、その辺の比較も面白い。

タルカス』(1971年)


タルカス

 まずおすすめしたいのは初期の名作『タルカス』。これはジャケットに描かれている架空の生物をテーマにしたコンセプトアルバムであり、戦車に乗った鼠みたいな生き物が人々の住む街を破壊していくというわけのわからないテーマである。しかしながら、そのテーマを危機感を煽るようなリズミカルなサウンドで表現しており、非常に聴きごたえのある作品に仕上がっている。

 前半20分ほどが組曲で構成されていて、リズム主導でどんどん進んでいく。組曲というだけあって、一連の曲構成、起承転結がしっかりしていて、非常に聴き応えがある。

展覧会の絵』(1971年)
ロックとクラシックの完全融合!!

 ELPが他のプログレバンドと違うのは、キーボードの存在と、クラシック音楽の積極的な導入。それがはっきり現れたのが、このアルバム。19世紀のロシアの作曲家、その組曲のカバーと言ってもいい作品。

原曲は、19世紀のロシアの作曲家モデスト・ムソルグスキーが作曲した同名のピアノ組曲「展覧会の絵」。原曲以外にもラヴェル等によるオーケストラ・アレンジがあり、日本の冨田勲もシンセサイザー音楽にアレンジしている。ELPによる本作はラヴェル版の編曲を元にしており、全パートではなく抜粋、それにオリジナル曲を追加した構成になっている。

引用元:展覧会の絵 – Wikipedia

 ムソグルスキーという名前は聞き慣れないけど、冒頭の曲を聞けば「知ってる!」となる。そして、アルバムのラストはあの有名なチャイコフスキーの『くるみ割り人形』の一節が登場。このように、ある曲ではクラシック音楽をほぼカバー、ある曲ではアレンジ、その間に数曲のオリジナル曲を挟むといった構成となっている。クラシック音楽をロックでカバーしているといる点が斬新。こういう実験的な試みは、アイディア倒れになりがちだけど、完全に作品として成立させているところがすごい。前編を通して非常に緊張感があるし、アルバムのストーリー性も素晴らしい。後半にスピードを増していき、どんどんテンションが上がり、最後は誰もが聞いたことのあるクラシックで〆る。

 そして肝心なことがひとつ。実はこれ、ライブアルバム。当時急に人気が出始めたことで、急遽発売を決めた作品だった。そのため、ライブ音源を取り急ぎで作品としてまとめたというわけ。そのわりには完成度がかなり高い。結果、イレギュラーなアルバムであるにも関わらず、ELPの代表作の一つとなっている。

恐怖の頭脳改革』(1973年)
キャリア集大成の傑作!!

 ELPのキャリアの中で、最高傑作にあげられるのがこの作品。キャリア全体で見れば初期から中期にかけての作品だけど、ELPの良いところがうまくまとまっているアルバムだと思う。特に、デビューから前作までにやってきたことが、このアルバムにすべてつめこまれている。その上で、個々の曲の完成度もこれまでの作品よりも高くなっている。その辺が、「最高傑作」と呼ばれる理由だろう。

 冒頭ではイギリスの聖歌「聖地エルサレムの」ロックアレンジ。2曲目には『展覧会の絵』で見せたクラシック音楽(アルベルト・ヒナステラの曲)のロックアレンジ。クリムゾン時代を髣髴とさせる、グレッグ・レイクの哀愁ある歌声をフィーチャーした3曲目。そして、アルバムのラストを飾るのは『タルカス』で見せた組曲形式の大作。壮大なストーリー性と、ELPらしいドラム・ベース・キーボードのトリッキーで激しいリズムが存分に楽しめる。

 わかりやすさで言えば、『タルカス』や『展覧会の絵』の方が上かもしれないけど、ここまでのキャリアを知った上で聞けば、断然この作品が完成度が高い。お洒落でおとなしいアルバムにも聞こえてしまうけど、そこにきちんとポップさがあるのが、ELPらしい。他のプログレ・バンドは、キャリアを積むに連れて難解なテーマに挑むようになり、あまりにも深く、暗く、壮大過ぎる世界に行ってしまうことが多い。それはそれでプログレらしいのだが、ELPはいい意味で行きすぎず、ポップさを残すギリギリのところで踏みとどまっている。そういういわけで、やはりELPというバンドは、「ポップ」という点で他のプログレ・バンドと一線を画すという印象を受ける。

ラッシュ(1968年~)
カナダ出身、最高レベルの演奏力の実力派バンド

2112』(1976年)
宇宙を感じさせる壮大な組曲!

 ラッシュはカナダ出身の3ピースバンドで、名実ともに世界的なバンドであり、本国では音楽界を代表するほどの超大物。そんなラッシュは、ジャンルとしてはプログレ、ハード・ロック、メタルあたりに分類される。ラッシュの存在を世に知らしめたアルバムが、この『2112』。タイトルやジャケットからして、SFっぽい感じがするけど、実際の中身もその影響を多分に受けている。70年代前半にピークを迎えたプログレッシブ・ロックと、当時流行だったSF小説の世界観をミックスしたという感じ。

 このバンドはとにかく個性的。バンド編成はギター、ドラム、ベースとオーソドックスだけど、ベースがボーカルも兼ねる。そして、各パートの演奏力が非常に高い。まずは、かなりのハイトーンをほこるボーカル。人によっては拒絶反応を起こしかねない金切り声。ただ、そのテクニックはすごく、マシンガンのように言葉を連打したかと思えば、女性のような声でメロディーを奏でることもできる。そして、ドラムとギターも素晴らしいテクニックを誇る。極端な話をすれば、多少陳腐な曲でも圧倒的な演奏力で名曲に変えてしまえるようなメンバー。中でもドラムのニール・パートはロック界屈指の名ドラマーであり、いわゆる「歌うような」ドラムが特徴的。加えて、曲の中盤で見せるソロが圧倒的。思わず聞き惚れてしまう、手数の多いうねるようなドラミング。

 他のバンドでも似たような話はちらほら聞くけど、バンドのメンバーはザ・フーからの影響も強く受けているそう。曲調は違えど、手数の多いドラムや、自己主張の強いベースなどは、ザ・フーと非常に似ている。SFなどへの好奇心や、大作嗜好もそう。アルバムの冒頭はプログレらしく15分ほどの組曲で始まるのだが、そこでいきなりラッシュの演奏力の高さを知ることになる。曲の構成も素晴らしく、まさに「圧倒的」の一言。

A Farewell To Kings』(1977年)
さらなるプログレへの接近!

 ラッシュが最もプログレにハマった時期の一枚。これまでの作品と異なる点は、ボーカルの声、そして楽曲がやや上品になったこと。『2112』では少々荒削りながらも圧倒的な演奏が目立ったが、今作では粗さがほとんどない。激しさはそのままに、これまでよりも「洗練された」演奏となっている。人によっては少々おとなしくなってしまったと感じるかもしれないが、懐の深くなった演奏は聴き応えあり。よりプログレ色を強めた次作『Hemispheres』もおすすめ。

ムービング・ピクチャーズ』(1981年)
アメリカ市場で大成功!

 カナダではすでに圧倒的な指示を得ていたラッシュは、70年代終盤にアメリカ市場に本格進出する。このアルバムはビルボードで3位につけ、その名前を世界的なものにした一作でもある。

 ラッシュはプログレやハード・ロックに分類されるが、本作ではバンドの特徴であるテクニカルな演奏とプログレ的な展開を、3分ほどの短い曲で表現したところに価値がある。バンドとしての特徴を存分に見せながら、大衆受けするように短い曲でポップさも加える。言ってみればコンパクト・プログレ、ポップ・プログレである。

 80年代に入るとプログレはかつてのような活況は見せなくなるが、このラッシュのように時代に合わせて上手く適応することで、いくつかのバンドは長きに渡って活躍することとなる。イエスなども同じように成功している。

つづき