洋楽ロックの歴史と名盤(1) – 60年代

2017年11月4日

イギリス3大バンド~サイケデリック – ロックの黄金時代


最強版 ロックの50年、究極の500枚

洋楽ロックの歴史と名盤(1) – もくじ

  1. 60年代のロックとイギリス3大バンド
    60年代のロックとは?
  2. ビートルズ (’60~’70)
    –  4人編成で自作曲を演奏する「バンド」を世界に定着!
    ラバー・ソウル』『リボルバー』『サージェント・ペパーズ』『マジカル・ミステリー・ツアー』『アビー・ロード
  3. ローリング・ストーンズ (’62~)
    – ストーンズの歴史はロックの歴史

    アフターマス』『ベガーズ・バンケット』『スティッキー・フィンガーズ』『サム・ガールズ』『エモーショナル・レスキュー
  4. ザ・フー (’64~)- プログレ、ハード・ロック、パンクの先駆け!?
    トミー』『Who’s Next』『四重人格
  5. サイケデリック・ロックとロックの多様化
    • ビートルズもストーンズもサイケだった
    • サイケアルバムの潮流
      • フィフス・ディメンション』『リボルバー
      • ラバー・ソウル』『ペット・サウンズ』『サージェント・ペパーズ
  6. 続々と発表される名作サイケアルバム
    ドアーズ/ジェファーソン・エアプレイン/ピンク・フロイド /ラブ

60年代のロックとイギリス3大バンド

60年代のロックとは?

60年代はロックの黄金時代

  1950年代にアメリカ合衆国におけるロックンロールを起源とし、1960年代以降、特にイギリスやアメリカ合衆国で、幅広く多様な様式へと展開したポピュラー音楽のジャンルである
(中略)
 ロックのルーツは、リズム・アンド・ブルースやカントリー・ミュージックから強い影響を受けた1940年代や1950年代のロックンロールにある。ロック音楽はさらに、ブルースやフォークなど、様々な他のジャンルの影響も受けており、ジャズやクラシック音楽など他の音楽分野の影響も取り込んでいる。

引用元:ロック(音楽) – wikipedia

 ロックは、現在の世の中にあるポピュラーミュージックの代表で、これまでの歴史の中で様々な音楽を取り入れ、その範囲を拡大してきた。ちょっと極論かもしれないけど、現在のヒットチャートに並ぶ音楽のほぼすべては、ロックの要素を持っているし、少なくとも影響は受けている。それくらい広い。広すぎて正確な定義なんてない。だから、大衆向けのポピュラーミュージックをとりあえず「ロック」とする見方もある。

 そんな定義の話はさておき、ロックの歴史は意外と浅い。せいぜい半生記を少し超えたくらい。野球(ベースボール)の歴史よりも浅い。そう考えると、いかにロックが短い間に世の中に急速に広まったかがわかる。始まりは上に引用したように、1950年~60年あたりと考えるのがいい。その辺りにR&Bとかカントリーとかブルースといったルーツ・ミュージックと、ロックの境界線が曖昧になってきた。

 その歴史の中で、60年代は「黄金時代」と呼ばれる。この時代、特に60年代後半には、歴史に名を残すような超優秀なアーティストがゴロゴロ誕生し、活躍している。あのビートルズなんかは、60年に結成され70年に解散と、この黄金時代を丸々生きてきたバンド。

黒人が生み、イギリス人が育てた

 つまり、とりあえずロックの歴史を知るにはビートルズから入ればわかりやすいということ。この記事でも、とりあえずビートルズと、彼らと並び評されている2つのバンド、合わせて「イギリス3大バンド」と呼ばれるアーティストを紹介していく。

 「ロックといえばアメリカじゃないの?」って言われそうだから、ちょっと説明。ロックは確かにアメリカで生まれたもので、黒人文化の中で誕生したもの。つまり、アメリカに住む黒人のものだった。しかし、噂を聞きつけたイギリス人が黒人を真似てロックを演奏し始め、そのうちアメリカに進出し、ロックを大衆文化へと昇華していった。その代表的なアーティストがビートルズというわけ。詳しいことは、「ブリティシュ・インベンション」を見て頂きたい。

最初期のロックとの関係

 では、ビートルズ以前は何だったか? アーティストの名前を出せば、チャック・ベリーボ・ディドリーエルビス・プレスリーなんかがあげられる。彼らは「ロックの創始者」的なアーティストであり、ビートルズを含めて、60年代に活躍したアーティストは彼らの楽曲をこぞってカバーしている。初期のアルバムなんかにはよく収録されている。エルビス以外は黒人であり、チャック・ベリーはR&Bの超有名アーティストで、ローリング・ストーンズなんかはかなり影響を受けている。

 ただ、この辺は正直詳しくないので割愛。それに、ビートルズあたりから入ったほうが聞きやすいし、わかりやすい。60年代のロックを聞いていれば、知らないうちに彼らの音楽に触れることになるので、実際に聞くのはその後で充分。

 そういうわけで、ロックの黄金期であり、ロックが最も成長した時期、優れたロック・アーティストが最も誕生した時期である60年代を、イギリス3大バンドを軸に見ていきましょう!

⇒【2】「ビートルズ (’60~’70) –  4人編成で自作曲を演奏する「バンド」を世界に定着!」