変わる楽天イーグルス。吉と出るか凶と出るか!?

大久保新監督が新たな取り組みを続々提案!

【ポイント】
  • 守備・走塁中心の守りの野球を目指す
  • 中継ぎのローテーション制の採用

  • 早めの継投で投手をどんどんつぎ込み、で調子のいい選手・相手にハマる選手を見つける

  • 編成では、橋上コーチが復帰! 嶋のFA報道はただの噂?

まずは「守り」に関する新提案から

星野監督の野球を引き継いで、バッテリーを中心に守る。その中でみんなで闘う。目標は優勝、優勝は当然です。常勝軍団になるにはスランプのある打撃ではなく、スランプのない守備・走塁をしっかりしていく野球をやっていきたいです。

引用元:大久保博元監督 就任会見 | 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト

 西武でのコーチ時代の印象からすると、攻撃重視、若手の起用といったイメージがある大久保監督。しかし、標榜するのは守備・走塁重視のチーム作り。それに向けて、いくつかの具体的な新提案を発表しています。

 

最下位に沈んだチームを立て直すため、「デーブ改革」を披露。「1軍でも守備が課題の選手なら、1000本ノックにトライしてもいい」と今秋の倉敷、来春の沖縄・久米島キャンプなどで過酷なメニューを課す意向を示した。

引用元:(cache) Yahoo!ニュース – 大久保新監督1軍でも「1000本ノックあり」 デーブ流提案連発 (スポニチアネックス)

楽天の大久保新監督が中継ぎの起用法について、画期的なプランを披露した。「中継ぎはローテーション制にしたい。8人を2つに分けて、4人が2週間、目 いっぱい放ったら2軍に落として、下から4人上げる。そうすれば1年間、楽に回る」。いわば中継ぎの「ターンオーバー制」。中継ぎの負担を軽減して常にフ レッシュな状態で登板させたいという狙いだ。

試合では早めの継投で、どんどん投手をつぎ込む。かつてプロゴルファーを目指し、トーナメントの出場経験もある指揮官は、その理由をゴルフに例えた。「前 半10オーバーで回ったら、後半10アンダーでは回れない。それと同じでマウンドで修正するというのは、なかなかできない。だったら代えて相手にハマる投 手を投げさせた方がいい」。

引用元:(cache) 楽天中継ぎ「ターンオーバー制」だ デーブ監督が革新プラン ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 ここで気になるのは中継ぎの「ローテーション」「ターンオーバー制」です。これは簡単にいえば、メリハリのある登板をし、登板間隔をあらかじめ決めるといった意味があるでしょう。ユニークなプランですが、これをいきなり導入するのは大変だと思います。かなり綿密に計画を練って初めて、その効果の良し悪しがわかるでしょう。

 早めの継投で相手にハマった投手を投げさせること、メリハリのある登板をさせること、長期的な計画をもって中継ぎを登板させるという点は、決して悪い考えではないと思います

 

橋上コーチが復帰! 嶋選手の動向は?

今季最下位に終わった楽天が、巨人・橋上秀樹打撃コーチ(48)を招へいすることが18日、分かった。楽天は9月18日に星野仙一前監督が辞任を表明。10月14日に来季新監督として大久保博元監督の就任が発表され、並行して水面下での組閣作業を進めていた。

 今季、チーム打率はリーグ3位の・255だったが、78本塁打、549得点はともにリーグワースト。深刻な得点力不足を解消するために打線のテコ入れが 急務なことから、05年から5年間楽天に在籍し、野村元監督時代にはヘッドコーチも務めた橋上コーチに復帰を要請することを決めた。

引用元:(cache) 楽天 巨人・橋上コーチ招へい 貧打解消&参謀役期待 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 名コーチの佐藤義則さんの退団というニュースが先日入りましたが、その一方で野村時代の名コーチである橋上氏が復帰します。これはファンにとっては朗報です。野村監督時代に築きあげた「つながる打線」の復活を期待します。橋上さんは野村野球の継承者であり、データ分析を得意としています。強豪球団の巨人での経験を積み、以前にもまして大きな力をチームに与えてくれるでしょう。

 

阪神が国内フリーエージェント(FA)権を持つ楽天・嶋基宏捕手(29)の獲得に関心を示していることが19日、分かった。楽天と複数年契約を結んでいるが、関係者によると、本人が希望すれば、条件次第でFA権を行使できる特別条項があるという。

引用元:阪神、楽天・嶋獲りへ!FA行使なら日本ハム・宮西とダブルで

 一方で、噂されているのが嶋選手の流出。大久保監督と確執があるのでは? という新聞報道がその理由となっています。しかし、どちらもいわゆる「週刊誌的」「スポーツ新聞的」な報道であり、噂程度に考えていていいでしょう。

 仮に大久保監督とそりが合わないのが本当だとしても、これまでに築きあげたチームとの絆を簡単に切ることは考えにくいです。嶋選手は生え抜きの捕手で野村監督時代から被災、優勝まで経験した、チームリーダーの一人です。メジャーにでも行かない限り、生涯楽天イーグルスに在籍する可能性も高いでしょう。一方で大久保監督は丹念契約ですし、来年の結果次第では監督の交代もあり得ます。このタイミングでFA権を行使して国内の他球団に行くことはないと思います

 

 

野村の「監督ミーティング」 (日文新書)

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”36″ numberposts=”5″ tail=”
“]