楽天イーグルス、大久保博元氏が監督就任!!

当初の噂通り、大久保2軍監督が昇格でひと段落!

【ポイント】
  • 契約期間は1年、走塁・守備重視の野球を目指す
  • 名コーチの佐藤義則氏は退団。その他のコーチ陣の退団も含めて、内部昇格によって再編成の予定
    投手コーチ:佐藤義則酒井勉高村祐(両者ともに今季は2軍投手コーチ)など

監督・コーチは内部昇格者によって刷新の予定!ヨシコーチも退団!

楽天は14日、仙台市内の球団事務所で今季限りで辞任した星野仙一前監督(67)の後任に、大久保博元2軍監督(47)が就任すると発表した。契約期間は1年。

この日、退団が発表された佐藤義則1軍投手コーチ(60)に代わり、酒井勉(51)、高村祐(45)両2軍投手コーチの昇格を検討。鈴木康友内野守備走塁コーチ(55)もチームを離れるため、永池恭男スカウト(41)をコーチに配置転換する方針であることが判明した。

 その上で、新監督は「バッティングは水もの。チームバッティングができて、守備のうまい選手をはめこんでいく」と守備と走塁重視のスタイルを構築する考えだ。

引用元:1年契約で勝負!楽天・デーブ新監督、星野魂「引き継ぐ」 (サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

 

 賛否両論はあるものの、ようやく来年以降のチーム編成がまとまり、ファンとしてはほっとしたところです。要点をまとめると、監督コーチ陣含めて新しい体制で進んで行くこととなっています。ただし、退団する監督・コーチに変わる人材は、大久保新監督も含めて内部昇格者となっています。

 残念というか心配なのは、星野監督の退団はもちろん、名コーチとして知られる佐藤義則氏の退団です。楽天に来る以前の日ハム時代も含めて、チームの投手力を高め、優勝へ導いて来た名投手コーチです。エースの育成にも定評があり、その教え子にはダルビッシュ、田中将大、則本昴大といった素晴らしいピッチャーがそろっています。佐藤義則コーチが楽天に来る際、ダルビッシュ有選手が田中将大選手に向けて、「ヨシコーチの言うことは間違いない」と助言したのは有名な話です。

 

 

大久保博元新監督の就任会見でのコメント

※一部を抜粋

(中略)

記者:星野監督とは何か話をされましたか?
監督:「思い切ってやれ!」と言われました。「お前のことをずっと後ろから後押しする。いつでも電話して来い」と言ってくれたことが有難かったです。今まで通りの監督の気迫を見て安心しました。

記者:3年間チームを見てきた中での印象・課題はありますか?
監督:印象は星野監督の「闘志なき者は去れ」というバッテリーを中心にした守 りの野球を重視する中で、3年間来ました。非常に選手たちも本当に成長していると感じています。今は選手たちを信じていきたい。課題は、まだまだ成功に向 かって行く中で「失敗したらどうしよう」という気持ちが先に来てしまう。とにかく成功することを考えて、次に進められるようにしていきたいです。

記者:チームは最下位の中で、来季に向けてどのようなチームにしたいですか?
監督:星野監督の野球を引き継いで、バッテリーを中心に守る。その中でみんなで闘う。目標は優勝、優勝は当然です。常勝軍団になるにはスランプのある打撃ではなく、スランプのない守備・走塁をしっかりしていく野球をやっていきたいです。

(中略)

記者:最後にファンの方々にメッセージをお願いします。
監督:ファンの皆さまは不安があったり、色々な想いがあると思いますが、是非優勝して、恩返しをして、たくさんの勝ちをみなさんと共に掴んで、ファンの皆さまに最後に笑っていただきたい、と思っています。

引用元:大久保博元監督 就任会見 | 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト

 

 会見の内容はオーソドックスといったところです。ただ、最後に、一方的に加熱していた報道について少しだけ触れています。確かに、大久保氏は西武時代に問題を起こしましたが、一方で指導者としての実力はあり、彼を信頼していた選手もいました。また、楽天にコーチとして就任してからは問題なくここまでやってきました。ファンや報道からの批判は少々やりすぎの感があったと思います。

 ここはひとつ、ファンは冷静になって、先入観を捨て、大久保さんを一から評価してみてはどうでしょうか? 考えてみれば、名監督の星野さんの後をつぐのは容易なことではありません。ましてや、球団初のリーグ制覇&日本一を達成したのです。よほどの成績を残さない限り、どんな人でも批判されると言う状況です。そこで新監督の要請を受けただけでも立派なものではないでしょうか?

 個人的に大久保新監督に求めているのは打線の強化です。守備走塁を重視すると言っていますが、西武時代を見る限りは打線を軸にした積極的なチーム作りが上手な方です。打線の中軸が不在、逆に言えば打線さえよければ何とかなるという今の楽天にはぴったりの監督です。来年はまずAクラス入りを目指して欲しいです。

あ~ぁ、楽天イーグルス (角川oneテーマ21 A 110)

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”36″ numberposts=”5″ tail=”
“]