新外国人ラッツ、楽天イーグルスの救世主になれるか!?

10試合の出場ながら、マギーの穴を埋める活躍を見せる!

 eagles_zach-lutz

Zach Lutz by slgckgc

10試合で4HR13打点の大爆発!AAA時代の成績も安定!

【ラッツの成績・プロフィール】

 

  まだ10試合と出場数は少ないですが、今のところ大当たりです。映像を見ての印象は、重心を低くしたフォームから、逆方向に強い打球を打てるバッターです。ジョーンズのように圧倒的なパワーがあるというよりも、振り遅れても逆方向にヒットを放ち、高い率を残せるバッターと見ています。また、入団会見で選球眼に自信を持っていると語っています。確かに、AAAでの出塁率の高さは際立っています。

 

 

 

 

 

活躍する助っ人に共通する、真面目さを持っている!?

 

 入団会見での受け答えなどをみると、真面目そうで、日本に適応しそうな雰囲気を持っています。楽天の助っ人は性格面が優れていて、選手同士の仲も良いのが特徴です。特に、星野監督時代ではその傾向が強く、昨年の優勝を支えたジョーンズとマギーはその象徴でした。

 ジョーンズは常にベンチで声を出し、時に監督にも意見を言う、抜群のキャプテンシーを持っていました。一方マギーも、選手やスタッフからも「真面目」と評判が良かったです。

 7月12日現在、楽天イーグルスは79試合を終えて32勝47敗、首位まで16ゲーム差のぶっちぎりの最下位です。しかし、前半戦終了を目前にして、チームはいい状態になってきています。その要員として、ラッツの加入、大久保監督代行の就任があると思います。

 大久保監督代行は好き嫌いが分かれると思いますが、雰囲気を変えたのは間違いありません。松井稼頭央選手の1番機用、松井裕樹選手の中継ぎ起用、その他大胆な選手起用でチームはいい意味でリフレッシュ出来ています。そして、試合数が少ないながら、ラッツがジョーンズの後ろに控えて、相手にプレッシャーを与えています。

 

 残り試合はまだ65試合あります。ここからチームが息を吹き返し、クライマックスシリーズに進む可能性は十分あります。おそらく、このラッツ選手の今後の出来にかかっていると言っていいでしょう。このまま打ちまくれ、ラッツ!!

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”” numberposts=”5″ tail=”
“]