大久保監督代行で蘇るか!?楽天イーグルス

2014年7月13日

監督代行がカンフル剤となるか!?

rakuten-eagles_ookubo

ダウンロード:壁紙ダウンロード | 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト

則本君が絶対的エースに成長するも、埋まらないマギーの穴

【チームの成績】
  • 29勝42敗(首位と15.5ゲーム差/最下位)
  • 得点246(6位)、本塁打46(6位)、盗塁19(6位)、打率.249(6位)、防御率3.65(4位)
【先発ローテ】
  • 則本:防御率2.29、9勝4敗(完投7完封5
  • 辛島:防御率4.47、2勝7敗
  • 美馬:防御率3.83、5勝8敗
  • 青山:6月末から急遽先発ローテへ

 その他先発投手

  • 松井裕樹:開幕ローテも結果を出せず。6月に一度先発復帰も、現在は中継ぎ。
  • 塩見:防御率6点台を超え、5月半ばにローテを外れる
  • 川井:先発不足を補うべく、5月6月とフル回転。勝ちには恵まれないものの、7試合の先発で防御率4.32と、チームのピンチを救った。

 

 チームの中で唯一とも言っていい明るいニュースは、則本選手が大きく成長したことです。特に、エースとして完投の多さが一番です。中継ぎへの負担を考えて完投を志願する姿や、連敗を止める場面もありました。マー君と比べるのは酷だと思っていましたが、ここまでマー君の穴を埋める大活躍です。

 一方、先発ローテを守っているのは則本、辛島、美馬の三人。勝ちには恵まれないものの、ここまで先発としてはまずまずの成績を残しています。ここに松井、塩見の左の投手が加わるのが理想的でしょうか。青山選手はあくまで緊急要員なので、左の2人が早く復調して欲しいところです。

 リリーフ陣については、昨年と同程度と考えればいいかと思います。ただ、今年はファルケンボーグの加入で守護神が固定できていますが、なんせ彼が登板する試合展開が非常に少なく、宝の持ち腐れ状態です。加えて、先日怪我で登録抹消されてしまいました。

 

【打者】
  • 藤田:.286(.315)、1本、17点、盗塁2
  • 銀次:.298(.363)、3本、26点
  • 嶋:.287(.373)、1本、16点、盗塁4
  • AJ:.226(.372)、16本、41点、OPS.845

 打撃陣については、打率、得点、本塁打、盗塁すべてで最下位の数字ですので、その酷さがよくわかるかと思います。昨年の成績を見れば、盗塁はそれほど多くないチームです。足は使いますが、盗塁よりも走塁で稼ぐチームです。また、藤田、銀次、嶋の3選手は打率ランキングに何度も顔を見せており、岡島、聖澤の両選手もそれほど悪くない数字です。しかし、彼らを返す打者がいません。

 ジョーンズは打率は低いものの本塁打、打点、OPSは悪くなく、十分な活躍ですが、その後ろが問題です。当初はユーキリスがいましたが、怪我で離脱、途中加入のボウカーは数字だけ見れば良い(35試合で.279、6本塁打)ですが、巨人時代から左ピッチャーが全く打てないという欠点を抱えています。限定的にしか使えないので、1年通して5番打者を任せることができません。

 さらに、新加入のラッツは6試合で.350、2本塁打と大活躍していましたが、デッドボールを受けて離脱中です。7/3にDHで出場したものの、痛みが出て途中交代、本日7/4は欠場です。

 

 

大久保監督代行のキーワードは「大胆起用」!

 大久保監督代行の特徴は、西武ライオンズのコーチ時代に見てとれます。とにかく思い切り振っていくことと、選手の長所を伸ばす指導をしていました。今回は監督ということで、それがどのように生きるかは未知数です。ただ、ここまでの数試合で「大胆起用」というキーワードが見えてきました

  • 7月2日:藤田選手を1番(2安打の活躍)、嶋選手を2番に起用。ルーキーの松井裕樹選手を5回途中からリリーフ起用。見事采配が的中し、プロ初勝利をプレゼント。
  • 7月3日:松井選手を1番に起用(2安打の活躍)。デッドボールを受けたラッツをDH起用し、ライトにジョーンズをライトで先発。
  • 7月4日:松井稼頭央選手を引き続き1番に起用(猛打賞)。昨シーズン1盗塁、今シーズン0盗塁の松井選手に、ベンチから2度の盗塁指示をし、見事成功。

 

 初采配から継続して、大胆な起用を行っています。雰囲気がどんよりしていたチームにとって、ちょうどいいアクセントとなったと思います。小技が出来て粘ることのできる藤田・嶋の両選手の1,2番は、理にかなっています。松井選手の1番起用は、結果がすべてを物語っているでしょう。

 大久保さんは西武時代にトラブルを起こしてしまいましたが、指導者としての実力は高いと思います。楽天には2012年に打撃コーチとして加入、翌年から2軍監督としてじっくり経験を積んできました。球団がここまで継続して契約してきたのも、その実力があってこそでしょう。真相がどうであれ、複数回に渡ってトラブルを起こした人物を、理由も無しに雇うことは考えにくいです。

 

  とにかく、勝ってくれれば文句はありません。これから巻き返せば、CS出場はなんとかできるかも知れません。後半戦の巻き返しに向けて、頑張れ楽天イーグルス!!

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”” numberposts=”5″ tail=”
“]