フロイトの「意識と無意識」について[心理学,精神分析]

公開日: : 最終更新日:2014/04/09 教養・雑学

フロイトの考える「意識」の話は面白い!

フロイトの精神分析 (図解雑学-絵と文章でわかりやすい!-)

もくじ

初期のフロイトが考えた心の構造

  •  心の構造
    • 【意識】人間が「意識」している部分
    • 【前意識】無意識の中にあるが、注意をすると意識に現れる(例:ど忘れした単語など)
    • 【無意識】自分を脅かす記憶・思考・感情(トラウマ、反社会的・反道徳的な感情など)が抑圧されたもの

  フロイトはもともと医者であり、神経症の患者を治療していました。そして患者の症状を見ていくうちに、その原因が心にあるのではないかと考え、精神分析を行うようになりました。

脳や体に何も異常がないのに精神(神経)が病に冒されたようになる病気

引用元:神経症 – Wikipedia

 例えば蛇を異常に恐れたり、ある匂いをかぐと体に変調をきたすというものです。これらの症状は、例えば過去のトラウマの抑圧によって説明されます。幼い頃に両親が大げんかし、その際にクッキーを焼いていたとします。その記憶が抑圧されて無意識に追いやられ、クッキーの匂いをかぐと気分が落ち込むというような、原因不明の症状となって現れるのです。

夢が意味不明で支離滅裂なわけ

 抑圧されて無意識となった記憶などは、神経症のほかにも、言い間違い、夢などによって表に現れます。フロイトといえば「夢判断」が有名ですが、人間の夢を分析することで、心の構造を知ろうとしていたのです。

 神経症が原因不明であったのと同じように、夢の内容も意味不明で支離滅裂なものが多いです。これも、抑圧された記憶が原因です。抑圧された記憶はそのまま出て来ると自分にとって都合が悪いので、歪められて現れます。それが夢というわけです。例えば悲しみの象徴として枯れた花が出てきたり、誰かの死が「旅立ち」と歪められ、旅行をする夢になったりします。

 

 

フロイトは夢や原因不明の病を理論で説明しようとした

 フロイト以降に多くの学者が研究を進めた結果、彼の考えに間違った部分もあるとわかっていますが、今でもその影響力は大きいです。また、素人が見ても彼の考えはとても面白いです。夢などという、誰でも知っているが説明のつかないものを、理論で説明し、学問にまで押し上げたことが、フロイトのすごさの一つだと思います。

 

【関連記事】

性格か障害か?『パーソナリティ障害』(岡田尊司)は興味深い内容
核の歴史と共に歩む日本の怪獣「ゴジラ」
日常シーンから心理学がわかる!『 マンガはじめての心理学』はおすすめ!

 

関連記事

マンガはじめての心理学

日常シーンから心理学がわかる!『 マンガはじめての心理学』はおすすめ!

わかりやすさと実用性がピカイチの良書! 『「なるほど! 」とわかる マンガは

記事を読む

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問?身近で奥の深い統計学を探る!

『統計学が最強の学問である』の著者が明かすその魅力と力 『統計学が最強の学問であ

記事を読む

憲法9条がノーベル平和賞を受賞すれば、本当に戦争は回避できるのか?

9条保護や憲法改正の議論よりも、「憲法の解釈」が重要 『日本国憲法を口語訳してみ

記事を読む

日本の決意

「残業代ゼロ」へ!?日本型新裁量労働制の提言

安倍政権が考える新たな働き方 『日本の決意 』(Amazon) 年収100

記事を読む

夢判断

フロイトの考える「夢のメカニズム」について[心理学,精神分析]

 人間が見る夢ができあがるまで  「夢判断(フロイト) 」(Amazon) も

記事を読む

自我の図

フロイトの「自我・超自我・エス」について[心理学,精神分析]

人間を突き動かすエス! 「フロイトの精神分析 (図解雑学-絵と文章でわかりやすい!-

記事を読む

核の歴史と共に歩む日本の怪獣「ゴジラ」

伝説の初代ゴジラ、平成ゴジラ、リメイクまで 『ゴジラ(昭和29年度作品) [60

記事を読む

iPS細胞

話題の万能細胞(ES細胞,iPS細胞,STAP細胞)の特徴と違いについて

ES細胞、iPS細胞、そして話題のSTAP細胞の基礎知識  もくじ ES細胞とiP

記事を読む

ブラック企業

『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』のレビュー・書評

ブラック企業の特徴と社会背景  『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

記事を読む

性格か障害か?『パーソナリティ障害』(岡田尊司)は興味深い内容

人間心理を知る上で必読の本! 『パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (P

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

本当に「優れた」企業の見つけ方

「株価」に含まれる膨大な情報 『投資家が「お金」よりも大切に

『投資家が「お金」よりも大切にしていること』感想

お金に対するマイナスイメージを払拭! 『投資家が「お金」より

『ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢』レビュー・感想

<巷のトランプ関連本の中では出色の内容!> 1、時代が後押し押

→もっと見る

  • 野村ノート (小学館文庫)
    新・野球を学問する (新潮文庫)
    パ・リーグがプロ野球を変える 6球団に学ぶ経営戦略 (朝日新書)

    サッカープロフェッショナル超観戦術
  • ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)

    シナリオの基礎技術
    使い方の分かる類語例解辞典

    冲方式ストーリー創作塾
  • ダ・ヴィンチ渾身 本気で小説を書きたい人のためのガイドブック (ダ・ヴィンチ ブックス)
    あなたも作家になれる
    「新人賞が獲れる!」小説原稿執筆の手順
    スーパー編集長のシステム小説術―才能なんていらない!
PAGE TOP ↑