言い訳に使える「ポケモンGO」

株価も動かすポケモノミクス

SAZAC(サザック) ピカチュウパーカー 男女兼用M

Google×任天堂の最強タッグが世界を変える!

 スマホ初のポケモン、「ポケモンGO」が日本でも配信開始になったけど、ここ2週間は世界中でポケモンの話題ばかり。何がすごいって、やっぱり任天堂の株価を一時は倍くらいに押し上げたこと。世界的な大企業で、株価も1万円代の銘柄。これがゲームソフトの発売で3万まで跳ね上がるなんて、前代未聞だよ。

 開発したのは元々グーグルにいた社員みたいで、グーグルマップの開発なんかを担当してた人。彼がベンチャーを起こして、任天堂と組んでグーグルマップの技術とポケモンを合体。参考までに……「Niantic」。

 このゲームがなんでこんなに評価されてるかって言うと、まずアイディアが面白いってのもあるけど、いろんな企業や団体とコラボして集客できるってことらしい。例えば全国チェーンの飲食店が任天堂に金払って、店内に限定のポケモンを配置する。あるいは、ニュースでやってたのは、アメリカの田舎のさびれた飲食店が、復活をかけて限定ポケモンを店内に配置。客が殺到したって話だよ。これはイベントとか町おこしにも使える。ポケモンの人気あってこそのやり方だけど、これまでにない全く新しいビジネスモデルってわけだ。すごい!

 

 

正しい使い方を守りましょう!

 こういう革新的なサービスが出ると、必ず何か問題が起きるってのがお決まり。例えばすでに起こってるのは、ゲームに夢中になりすぎた人の事故。スマホのカメラを使って、現実の風景の上に仮想の空間を表示させるから、障害物に気がつかないことが多い。単に熱中しすぎて、車と接触したり、崖から落ちて怪我をした人もいるみたい。

 それから思ったのは、ポケモンGOは言い訳に使えるなあって話。例えば浮気相手のマンションで、フライデーに出待ちされた芸能人なんかは、「中にレアポケモンがいた」って言い訳できる。子供だってそうだよ。小学生がゲームセンターに入ってるとこ見られたら、「ポケモン探してた」って言えるんだから。この理屈でいけば、女子風呂だって覗けそうだな 笑。

 

おっさにモンスターボールを投げる小学生

 でも、このゲームをプレイしている人って、はたから見ると面白いだろうな。ゲームの中ではポケモンがいるけど、現実では子供がおっさん目掛けてモンスターボール投げてるかもしれないんだから。逆におっさんが女子高生にモンスターボール投げてたら嫌だね。これは痴漢になるのか否か。こういうニュースが真面目に起こりそうで怖い。何はともあれ、今後も目が離せないニュースだね。

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”37″ numberposts=”5″ tail=”
“]