則本君が4度目の完封で7勝目!

2014年7月13日

楽天に則本君がいてよかった……!

Majestic(マジェスティック) 楽天ゴールデンイーグルス #14 則本昂大 ネーム&ナンバーTシャツ (ホーム)

2014年6月9日ベイスターズ戦の結果

  • 9回116球、被安打5、奪三振10、与四球0、失点0
    【通算】防御率2.46、7勝1敗、78奪三振
  • リーグ1位の4完封(5完投)

 

 最下位と1ゲーム差(6月9日時点)、交流戦でも10位、監督も病気療養中の楽天イーグルスですが、則本昂大選手が孤軍奮闘の活躍です。開幕からしばらくは調子が悪かったですが、5月後半から4試合で3完封と、チームを支える先発の柱となっています。

 二年目のジンクスもなんのその。田中将大選手のあとを継ぐ楽天イーグルスの新エースとして、徐々にその地位を固めつつあります。

 

 

日本時代のマー君と同じく、連敗ストッパーに

 日本時代のマー君はチームが苦しい中に勝利し、連敗を止めることが多かったです。今年の則本くんは、最悪とも言っていいチームにあって、その役割を受け継いでいます。

 今回は4連敗のチームを完封で救いました。メジャーのマー君も前回はチームを4連敗を止めたということで、顔もピッチングスタイルも何もかもそっくりなこの2人です。

 

 完封・完投のできる投手、連敗を止める投手の存在は、チームに安定感をもたらします。チームが大崩しないと言ってもいいでしょう。それでも、今年のイーグルスはひどいものです。交流戦に入って投手陣は少々安定してきたものの、今度は打線が冷えきっています。マギーの穴を埋めるべく外国人をいろいろ試してみいますが、今のところ光は見えてきません。

 則本君の活躍をきっかけに、せめてチームは連勝をして欲しいものです。まずは明日勝って2連勝し、10以上ある借金を少しづつ返していくしかありません。あとは、投手では塩見選手や松井裕樹選手の1軍復帰、打者ではボウカー選手に打ってもらわないとどうにもなりません。

 

 なんとか這い上がれイーグルス!

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”36″ numberposts=”5″ tail=”
“]