『 野村のDNA―頭脳野球とは何か』(野村克也/野村克則)のレビュー・感想

2017年11月3日

受け継がれるID野球と組織・リーダー論!

野村のDNA 頭脳野球とは何か

『野村のDNA―頭脳野球とは何か』のもくじ

 

内容説明

良い指導者とは、組織をまとめるとは、野球に学ぶ人生哲学とは…。野球監督(親)と野村コーチ(息子)が初めて野球を論じ尽くした本。

目次

1章 良い指導者とは
(叱るということ;いかに褒めるか;気づかせるヒント;選手を伸ばすために;うまく教える秘訣;質問する力)

2章 組織をまとめるには
(モチベーションの上げ方;リーダーの見抜き方;個性の伸ばし方;欠点の捉え方)

3章 頭を使う野球とは
(事前の準備が勝負を決める;真のエースと四番とは;かけ引き・裏をかく;いい役割分担とは)

4章 負けない野球とは
(戦略の立て方;戦術をどう立てるか;チームの立て直し方)

5章 野球に学ぶ人生哲学
(年齢や引退と向き合う;挫折の乗り越え方;人との絆の大切さ;人生の醍醐味)

 

引用元:野村のDNA / 野村 克也/野村 克則【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア

※刊行年……単行本:年、文庫:年

『野村のDNA―頭脳野球とは何か』のおすすめポイント!

 親子が交互に「野球」を語る、斬新な構成!

 本書の一番の魅力は、何と言っても「野村克也・克則」親子の共演です。共にプロ野球の道に入り、親子で監督と選手、監督とコーチとなって注目を集めた二人。かつては確執なども噂されましたが、実は仲が良く、深い信頼関係にあります。

 本書では野村克也さんと克則さんが同じテーマについて交互に語っていく構成になっています。最初にノムさんが話を切り出し、バトンを受け取る形で今度は克則さんが語る。親子というだけあって、語り口や考え方は似たところがありますが、克則さんがうまい具合にノムさんの話に「補足」をしていくことで、話の内容が広がっています。本を読めばわかりますが、克則さんは気遣いの人です。ノムさんと比べた場合、周囲とのコミュニケーションを大切にし、相手への気遣いや集団の調和といったものを重視している感があります。

 ノムさんが個々のテーマについて独自の理論を展開すれば、克則さんは現場での選手とのエピソードを紹介する。その結果、読み物としてのバランスが取れています。そして、時折、親子で互いを褒め合うといった場面もあり、読んでいて微笑ましい気分にもなります

 

 野球を中心に、リーダー論、組織論、人生論を語り尽くす!

 本書の内容は基本的に「野球の話」ですが、それはあくまで軸であり、リーダー論、組織論、人生論にまで話題は広がっています。他のノムさんの著書と比べた場合の特徴は、それらのテーマのバランスが取れていて、野球に興味のない人でも読めるといった点です。野球に詳しい人には少し物足りないかもしれませんが、「野球界の野村親子を知っている」といった程度の人でも楽しめる。それが本書の特徴です。

 他にも、文字は大きめ、重要箇所は太字になっているなど、とにかく「読みやすさ」を重視した構成になっています。また、出版年が2012年ということで、他の著書と比べて最近の話題もいくつか取り上げられているので、そこも楽しめるポイントとなっています。

 

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”55″ numberposts=”5″ tail=”
“]