松坂大輔が日本球界復帰!イチローは移籍濃厚!

怪物と天才の今後に注目!

【ポイント】
  • メジャー残留よりも先発復帰!日本球界復帰の理由!
  • 日米通算164勝!今後は200勝へ向けて!

  • イチローの移籍はほぼ決定的。Dバックスがレギュラー&「51」用意!?

メジャーへのこだわりより先発へのこだわり!松坂大輔の決断!

 メッツからFAとなった松坂大輔投手(34)が22日、ソフトバンクと基本合意に達し、入団の意思を伝えた。契約期間は3年で、年俸総額は出来高を含めて12億円以上とみられる。

 高校時代を過ごした横浜に本拠を 置くDeNAも3年契約で年俸3億円を超える条件で対抗。球団の熱意も感じて、最後まで悩んだという。それでも最後は、連覇を目指すソフトバンクの一員に なる決意を固めた。

 背番号は18が用意されている。西武、レッドソックス時代につけた愛着のあるエース番号だ。

引用元:(cache) 「ソフト松坂」来月上旬誕生 日本シリーズでの一体感が“決め手” ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

 2014年のストーブリーグのうち、現時点で最大のサプライズと言っていいでしょう! 怪物松坂大輔選手が日本球界復帰です! 1億ドルの男と言 われてメジャー挑戦し、レッドソックス時代に2年連続二桁勝利、ワールドシリーズ制覇という結果は残したものの、ここ数年は不調や怪我で満足いく結果が出 ず。近年はトミー・ジョン手術、マイナー契約からの挑戦など、かなり苦しんだ印象があります。

 昨年などはマイナーから這い上がって、リ リーフで結果を出し、先発でも好投を見せていました。しかし、それでもなかなか先発ローテに入ることは難しく、今年もメジャー契約がなかなか取れないとい う状況でした。悔いが残らないほどもがき苦しんだ結果の日本球界復帰ですから、ここは一つ、拍手で松坂選手を迎えたいと思っています。かつて怪物と呼ばれ た松坂選手の、新たなキャリアを期待していきましょう!

 

今年9月で34歳となったが、来季もメジャーで勝負する気持ちは持ち続けていた。ここ数年のFA市場の動きを考慮した場合、松坂との交渉が具体化するの は、年末から1月。実際、過去2年間はメジャー入りが保証されないマイナー契約からスタート。昇格して結果を残しても、不規則な起用法に戸惑うことも少な くなかった。そんな状況も考慮し、選択肢を日本国内にも拡大。メジャーからのオファーを待つ一方で、ソフトバンク、DeNAなど獲得に強い意欲を示す国内 球団と水面下で折衝を続けていた。

引用元:(cache) 松坂ソフトB入り確実!DeNAに断り – MLBニュース : nikkansports.com

 

 年齢は現在34歳。勝利数は日米通算で160ほど。当面の目標は200勝の達成となりそうです。手術を経てピッチングスタイルも変わり、現在の状態はかなり良いと言えます。メジャーでは契約の関係やチーム事情などが原因で、なかなか試合に出られないことが多かったですが、実は結果は出していました。1年ローテーションを守れば、10勝できそうな内容のピッチング。ですから、日本での活躍はかなり期待していいと思います。

来季もイチローのシーズンは「控え」から?

ヤンキースからFAとなったイチロー外野手(41)の移籍先に今季いずれもプレーオフに出場したタイガースとエンゼルスが浮上した。
(中略)
 ヤ軍は今オフにFAとなったヤングと250万ドル(約2億8750万円)の1年契約で再契約したと、同日付で複数の米メディアが報道。大リーグ通算155本塁打の31歳は、エルズベリー、ガードナー、ベルトランに次ぐ4番手か、右肘の故障を抱えるベルトランに代わる正右翼手とみられており、イチローが残留した としても今季開幕前と同じ5番手扱いとなる見込み。ジョー・ジラルディ監督は来季、チームの若返りを図ることを宣言しており、イチローのヤ軍残留は厳しい状況となってきた。

引用元:(cache) イチロー移籍先、タ軍&エ軍が浮上…ともに4番手外野手熱望 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 以前から、イチロー選手の移籍が決定的という報道はなされていました。その理由は、ヤンキースのジラルディ監督の「若返り宣言」と、ヤング選手との再契約です。シーズン途中からヤンキースに加入し、来年もプレー。これは記事にある通り、イチロー選手が外野手5番手からのスタートということを意味します。今季も5番手から這い上がって、最終的にはレギュラーとなり、100安打を記録しました。しかし、若いスター選手がおり、シーズン中の補強も盛んなヤンキースで、今期と同じことを来季もできるとは限りません。

 個人成績、あるいは試合出場の機会に注目すれば、レギュラーで確実に試合に出られるチームが、イチロー選手にとってはベストです。メジャー通算3000本安打も目前に迫っているので、ここはかなり重要なポイントです。本人がどのように考えているかはわかりませんが、イチロー選手を求めるチームがあれば、ぜひとも移籍して、毎日のように試合に出て欲しいです。

 

ダイヤモンドバックスがライトのレギュラー&背番号51を用意!?

 ヤンキースからFAとなったイチロー外野手(41)に対し、ダイヤモンドバックスが本格調査に乗り出していることが20日(日本時間21日)、分かった。

 オーナー会議の会場で大リーグ関係者が「右翼のレギュラーとして貢献できるというリポートが、既に球団上層部に提出されている」と明かした。イチロー獲得に興味を示しているデーブ・スチュワートGMにも報告済みだという。

 今季のダ軍で規定打席に達した外野手はゼロ。低予算の球団としてはイチローが今オフの市場価値で年俸200万ドル(約2億3600万円)程度とみられることも追い風だ。ダ軍はイチローがオリックス、マリナーズ時代に背負った背番号「51」を用意。

引用元:(cache) イチロー Dバックスが本格調査、背番「51」復活も ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 イチロー選手の移籍関連の報道は毎日のように更新されています。実際に今後の所属先がどうなるかは時間が経たなければわかりませんが、ここで一つ明るいニュース。ダイヤモンドバックスがレギュラーと「51」を用意しているとのニュースです。

 

 イチローは、右翼のレギュラー候補として期待される。今季のダ軍は、左翼トランボ、中堅インシアルテを中心に起用したものの、外野手で規定打席到達者はなく、レギュラー確定者はいない。衰えのみえるロスを除けば、20代の若手が多く、補強ポイントはベテラン外野手。

引用元:(cache) Dバックス、イチ獲り本気1年3・5億 – MLBニュース : nikkansports.com

 トランボは2011年から2013年まで、平均して30本塁打を放っています。今季は半分ほどの出場に留まっていますが、年齢は28歳、今後チームを引っ張っていく中心選手になるでしょう。来季のレギュラーは確定的です。一方、インシアルテ(インシャーテ) は24歳の若手。2014年がメジャー1年目のようで、.278、116安打、19盗塁となかなかの成績を残しています。期待の若手といったところでしょう。

 しかし、外野で規定打席到達者はゼロ。チームも若手が多いということで、イチロー選手の出場機会は非常に多くなりそうです。チームとしても、若手を起用しつつ、若手が活躍すればイチローを控えに、若手がダメならイチローをレギュラーに、といった便利な使い方ができます。双方にとってメリットのある移籍ではないでしょうか?

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”36″ numberposts=”5″ tail=”
“]