桑田真澄さんが東京大学大学院に合格!博士課程で技術論の研究へ

2017年11月8日

 東京大学大学院総合文化研究科の大学院研究生へ

桑田真澄 ピッチャーズ バイブル (集英社文庫)

 

  早稲田大学大学院を卒業後、東京大学の野球部でコーチをするなど、その活動が何かと話題になっていた桑田さん。今後はどのような活動をしていくか気になっていたところ、東大大学院進学のニュースが入ってきました。

 

 記事によると、東大大学院総合文化研究科の大学院研究生になり、投球フォーム、打撃フォームなど、野球の効率的な動作に関して研究していくそうです。
 東大野球部の監督から、東大で運動科学を研究する中沢公孝教授を紹介され、その縁で入学を決意したそうです。早稲田時代に主席で卒業、論文も最優秀論文賞を始め高く評価されたこともありますが、数回の面接を経て、出願書類も提出しての入学ということで、まさに実力での東大合格です。

 

 出願書類の中には研究計画書というものがあり、そのタイトルは「野球のピッチングとバッティングにおける効率的な動作に関する研究」となっています。早稲田時代は野球の指導法などを研究していましたが、今度は技術論を学ぶようです。日本の最高学府で元プロ野球選手が技術論を研究するということで、野球ファンにとっては非常にワクワクするニュースです。
 おそらく研究から学んだことを書籍やテレビなどで紹介してくれるでしょうから、今から非常に楽しみにしています。

 

 

 桑田さんの早稲田時代の研究内容については、他の記事で紹介しているので、あわせてどうぞ↓