鬼太郎茶屋@深大寺(調布市)でまったり!

 オリジナルメニューとおみやげで鬼太郎ワールドを満喫!

jindaiji-kitarou04

「鬼太郎茶屋」の基本情報

キャラクターを模したメニューが面白い!

まずは深大寺の入口

jindaiji-kitarou01

 受験シーズンとあって、高校生の姿がちらほら……

 

 

 

さっそく店内へ

jindaiji-kitarou03

jindaiji-kitarou02

入口付近におみやげコーナーがあり、奥が喫茶店となっています。
店の雰囲気は妖怪がテーマということで、照明などがやや薄暗くなっており、壁などは木目が目立っています。

 

 

 

 

さっそく注文
最初に出てきたのはぬり壁のみそおでん(¥350)

jindaiji-kitarou06

 これは見た目がすべて! 非常にかわいい形!
味は普通!! 笑

 

 

 

次はメインの妖怪抹茶セット(¥600)

jindaiji-kitarou04

jindaiji-kitarou05

鬼太郎のキャラクターを模したおまんじゅうが2つに、抹茶がセットになっています。
抹茶との相性が抜群で、見た目も面白く、非常におすすめです!
抹茶はほとんど初めてでしたが、渋くてとてもおいしかったです。

 

 

 

おまんじゅうのアップ

jindaiji-kitarou08 jindaiji-kitarou07

 結構リアルなつくり!
食べるのが勿体無いと思ってしまいました。

 

 

深大寺に行ったら必ず立ち寄りたい鬼太郎茶屋
おみやげも揃うし、お茶を飲んでまったりできます。
また、2Fはギャラリーとなっていて、水木しげる氏の作品などを楽しむことができます。
深大寺には名物のそば屋、おみやげ屋などがたくさん並んでいるので、他の店も合わせて楽しむことができます。
冬は少々寒いですが、暖かくなれば緑豊かな境内を散歩するのも気持ちいいでしょう。

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”37,73″ numberposts=”5″ tail=”
“]

未分類

Posted by hirofumi