「地獄変」(芥川龍之介)のあらすじ[考察,解説,感想]

公開日: : 最終更新日:2015/02/08 芥川龍之介

芸術に魂を売った天下一の絵師

地獄変・偸盗 (新潮文庫)

もくじ

 

 

あらすじ

  舞台は平安時代、豪快で知られる殿様と、彼に仕える絵師の話です。殿様は「堀川の大殿様」と呼ばれ、始皇帝や煬帝にも例えられるような壮大さをもちながら、庶民にまで心が行き届く、度量の大きい人物です。妖怪や幽霊ですら逃げ出すような威光を放ち、庶民の間では神仏に例えられるほどです。

 一方絵師は、名を良秀と言い、絵筆をとらせれば右に出るものはいない、天下一の絵師です。しかし高慢で横柄、無慈悲で人情がなく、常識はずれときています。おごり高ぶっており、殿様にも物怖じしない人物です。そんな彼には娘がいて、ひどく寵愛しています。子煩悩であり、娘の服や髪飾りには惜しげもなくお金をつぎ込むといったものです。

 そんな娘は、良秀とは違って気立てがよく、愛嬌があって利口です。殿様にも気に入られ、いつしか傍に仕えるようになりました。しかし、良秀は娘を愛するあまり、それを快く思っていませんでした。例えばあるとき、殿様から作品を褒められ、褒美を何でも望めと言われた際、娘を返してくれと頼んだほどです。そして、そのために殿様の機嫌を損ねてしましました。

  そんなある日、殿様から「地獄変」の屏風をかけとの命令が下ります。地獄変の屏風というのは、隅の方に十人もの地獄の王がおり、あとは火の海となっています。火の中では、上は天皇に仕えるものから下は乞食まで、あらゆる罪人が炎に焼かれています。

  良秀はさっそく制作に取り掛かります。彼は家にこもりきりで作業しますが、それは狂気の沙汰とも言えるものでした。戸を閉め切った真っ暗な部屋で、弟子を裸にさせて鎖で縛り付けたり、どこからか手に入れたミミズクに襲わせたり、ミミズクを蛇と戦わせたり。そしてそれを冷然とした様子で眺め、描いていくといったものです。

 しかし数ヶ月たったところで、下絵が八部ほど完成して、作業は滞ってしまいます。そして良秀は、あるものがどうしても描けないと殿様に相談します。それは、炎に焼かれる罪人の中でも、牛車にのった皇室の女官が、髪を振り乱してもだえる様だと言います。そして良秀は、「自分は実際に目にしたものしかかけないので、実際にその光景を再現して欲しい」と頼みます。殿様は殿様で、良秀の「無理なお願いだと思いますが」という言葉に意地になり、それを引き受けてしまいます。

 数日後、良秀は山荘に招かれますが、そこで目にしたのは牛車に乗せられた自分の娘でした。そして目の前で牛車に火が放たれます。さすがの良秀もこれには参った様子で、半狂乱になってしまいます。しかし、良秀はいつのまにか、炎の前に腕を組んで立っており、恍惚とした表情で燃え上がる牛車を眺めていました。

 紆余曲折を経て完成した屏風は、牛車の一件も相まって、凄みのある作品となりました。屋敷の人びとも、その作品に圧倒され、以降は彼の悪口を言うことはなくなったほどです。しかしながら、当の良秀は、作品を完成させた次の日の夜に、自宅にて首吊り自殺をしてしまったのです。

 

考察(解説)

殿様のたくらみ

 この作品のポイントは、「殿様が地獄変を書かせた理由」「殿様は良秀の言動をどこまで想定していたか」かと思います。

 まず、殿様が地獄変を書かせた理由は、その才能を認めながらも、無礼な態度をとる良秀をよく思っていなかったことがあります。それに加えて、出来のいい娘が、その憎たらしい良秀の娘であるということへの嫉妬心でしょう。そして、本文中にもありますが、「見たものしか描けない」という良秀の性格を知っていて、あえて地獄の絵をかかせ、懲らしめてやろうと思っていたのです。良秀が「地獄を書きたいが、地獄を見たことがない。」ときたところで、「ならば一度地獄の苦しみを味あわせてやろう」という算段だったのです。

 ところが、良秀は悪夢を見ることで地獄を描写してしまいます。しかし、どうしても牛車で苦しむ女官が描けないと言います。そして、それを再現してくれと無理を言うのです。殿様にとってそれは想定外のことだったのですが、良秀の「無理とは思いますが」という言葉にムキになってしまうのです。

 

芸術至上主義

 いくら豪快な殿様とは言え、実際に人を焼き殺してしまうという点では、彼もまた狂っています。しかし、その上を行くのが良秀であり、彼は一度半狂乱になりながらも、最終的には娘への愛より芸術への欲望が勝り、見事に屏風を描き上げるというわけです。

 芥川はこの作品で、芸術は自分の生活を投げ打ってでもすべきもの、つまりは芸術至上主義を描こうとしました。作品の中では、

  • 歴史に残る「豪快な殿様」
  • その殿様もたじろぐほどの「天才絵師」
  • その絵師が寵愛する「娘」
  • 愛する娘をも殺してしまう「芸術への欲望」

という形で表現しているのです。

 

猿の良秀は何を意味するか?

  また、もうひとつ、「猿の良秀」についてはどうとらえるべきでしょうか。これは、良秀の良心を表していると思います。悪戯者の猿が娘にだけは懐くところや、娘を助けようと火の中に飛び込んだのをきっかけに、良秀の様子が変化することからも、それがわかります。

 そして最後に、「良秀は娘の死を予感していたか」という問題があります。これについては、予感していたと私は思います。彼は夢の中で地獄を見て、うわ言で娘の名を口にします。巧みな想像力で地獄を観察したのはいいものの、そこには偶然なのか、彼の娘がいたのでしょう。そのために彼は苦しみ、涙したのです。

 

参考文献・作品情報

参考文献

  • 地獄変・偸盗』(芥川龍之介,新潮社,第99刷,2009年,pp.93-139,199-204)

作品情報

<年月>

  • 1918年(26歳)5月発表
  • 横須賀での英語教師を経て、鎌倉に移った後の作品。中期。

<ジャンル>

  • 「王朝もの」

<テーマ>

<ページ数>

  • 47ページ(新潮文庫,2009)

<Q&A>

Q1. 「地獄変」の意味や解釈について

 地獄変では物語を通して「芸術至上主義」を描いています。これは簡単に言うと、「芸術は何ものにもとらわれない自由なもの」です。さらに突っ込んで言えば、この作品では「家族への情や愛にもとらわれないもの」したがって「娘の命を引き換えにしてでも芸術を追求する」となります。

 物語の流れに沿ってまとめると「歴史に残る『豪快な殿様』もたじろぐほどの『天才絵師』が溺愛する『娘』をも殺してしまう『芸術への欲望』」となります。

Q2. 「猿」は何を意味しているのか?

  • 猿は良秀の良心を表している。

 悪戯者の猿が娘にだけは懐くところや、娘を助けようと火の中に飛び込んだのをきっかけに、良秀の様子が変化することからも、それがわかります。
 普通の人間ならば、猿のような行動をとるだろうということで、絵師の良秀との対比をするために猿がいるのです。

 

関連記事

羅生門

「羅生門」(芥川龍之介)のあらすじ[考察,解説,感想]

平安時代を舞台にした、芥川龍之介の代表作! 「羅生門」  参照:「羅生門」

記事を読む

トロッコ

「トロッコ」(芥川龍之介)のあらすじ[考察,解説,感想]

少年向けの情緒ある作品 「蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫) 」(「トロッコ」収録)

記事を読む

「藪の中」(芥川龍之介)のあらすじ[考察,解説,感想]

未だに犯人不明のミステリー 「地獄変・偸盗 (新潮文庫) 」(「藪の中」収録

記事を読む

芋粥

「芋粥」(芥川龍之介)のあらすじ[考察,解説,感想]

芋粥のために生きる冴えないおっさんの話  「芋粥 」 もくじ はじ

記事を読む

作文

芥川龍之介の名言・格言・表現集

芥川龍之介の作品別名言・格言・表現集羅生門・鼻・芋粥・地獄変蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ数珠の言葉河童

記事を読む

大浦天主堂

「奉教人の死」(芥川龍之介)のあらすじ[考察,解説,感想]

戦国時代の長崎を舞台に、教会に現れた美少年の話 「奉教人の死 」 もくじ

記事を読む

芥川龍之介

芥川龍之介-年表と作品ガイド

 芥川龍之介の作品を楽しもう!芥川龍之介・年表……作品名のリンク先で、あらすじ・考察(解説)が見れま

記事を読む

「蜘蛛の糸」(芥川龍之介)のあらすじ[考察,解説,感想]

お釈迦様が地獄へ糸を垂らすという、おなじみの童話 「蜘蛛の糸 」 もくじ

記事を読む

「侏儒の言葉」(芥川龍之介)の名言・格言集

  はじめに 「侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫) 」 「侏儒」とは、「知識

記事を読む

河童

「河童」(芥川龍之介)のあらすじ[考察,解説,感想]

河童の世界はあべこべの世界  「河童 」  もくじ はじめに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

本当に「優れた」企業の見つけ方

「株価」に含まれる膨大な情報 『投資家が「お金」よりも大切に

『投資家が「お金」よりも大切にしていること』感想

お金に対するマイナスイメージを払拭! 『投資家が「お金」より

『ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢』レビュー・感想

<巷のトランプ関連本の中では出色の内容!> 1、時代が後押し押

→もっと見る

  • 野村ノート (小学館文庫)
    新・野球を学問する (新潮文庫)
    パ・リーグがプロ野球を変える 6球団に学ぶ経営戦略 (朝日新書)

    サッカープロフェッショナル超観戦術
  • ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)

    シナリオの基礎技術
    使い方の分かる類語例解辞典

    冲方式ストーリー創作塾
  • ダ・ヴィンチ渾身 本気で小説を書きたい人のためのガイドブック (ダ・ヴィンチ ブックス)
    あなたも作家になれる
    「新人賞が獲れる!」小説原稿執筆の手順
    スーパー編集長のシステム小説術―才能なんていらない!
PAGE TOP ↑