『最強のふたり』(2011・仏)のレビュー

生い立ちも地位も境遇も違う2人が、介護によって繋がる!!

 フランスで制作された、実話を元にしたこの作品。日本では東京国際映画祭のグランプリを受賞し、日仏両国で記録的なヒット。
 映画のジャケット写真を見て、どんな内容を創造するだろうか? 車いすに乗った中年の男と、それを笑顔で押す若い黒人。なんとなく、「境遇の違う2人の物語」と想像できるはず。
 なんとなくだけど、この作品は『レインマン』に雰囲気が似ている。あちらは自閉症を抱えた兄とその弟の物語。こちらは、スラム出身の無職の黒人と、首から下が麻痺したお金持ちの中年の話。どちらも同じヒューマンドラマだけど、この作品はより「前向き」だ。

「最強のふたり」のあらすじ

不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス (オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶ つかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。

引用元:解説・あらすじ – 最強のふたり – 作品 – Yahoo!映画

 高級車でハイウェイをドライブする2人の男。運転するのは黒人の若い男。助手席には中年の男。彼は首から下に麻痺を抱えている。スピードを出しすぎた所、パトカーに追いかけられ、振り切ろうとするも捕まってしまう。すると、2人は機転を利かせ、急病人を運んでいる演技をし、切符を切られずにやり過ごす。車の中で、2人は大笑い。

 こんなシーンから、物語は始まる。

 若い黒人はスラム出身。失業手当をもらうため、当てずっぽうで面接を受け、不採用の通知を得ようとしていた。彼がたまたまやってきたのが、事故で障害を負った大富豪の介護職の面接だった。金目当てに綺麗事を並べ立てる介護士たちを尻目に、金持ちの男は無職の黒人に好感を持ち、自身の世話係として採用する。

 地位も境遇も全く異なる2人だが、不思議と意気投合する。音楽、絵画、恋愛、そして人生について、2人は互いの意見を交わらせる。これまで知らなかった世界に触れ、彼らの日常は豊かさを取り戻していく。

 

最後まで観てないけど面白い!! 笑

 面白かったけど、訳があって中途半端なところまでしか観てない(笑)。大方のあらすじが気になる方は以下をどうぞ。

 ネタバレにならない程度にクライマックスを説明しちゃうと、ある事情から2人は離れ離れになるものの、再び再開。夜中にドライブに出かけ、冒頭のシーンにつながる、といった流れ。この後にきちんとラストのオチもある。それも含めて、全体として物語の構成がしっかりした映画だと思う。

 基本はヒューマンドラマだけど、設定も面白いし、2人のやりとりも楽しい。コメディ的な要素もある。それから、主演の2人の演技もとてもいい。変に難解なところや捻ったところも無く、見やすさも抜群。人におすすめするのに最適な映画!

 最後にちょっと気になったので、主演の2人について調べてみた。障害を負った中年の富豪役のフランソワ・クリュゼは、フランスでかなりの実力派俳優のよう。フランスのアカデミー賞と言われる賞に何度も選ばれている。一方、スラム出身の無職の黒人役のオマール・シーは、この映画をきっかけに有名なハリウッド作品に出演するようになってる。映画を観ればそれも納得。演技は上手だし、何か印象に残る顔をしている。

 そういうわけで、『最強のふたり 』はおすすめ!!

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”56″ numberposts=”5″ tail=”
“]