網膜剥離の治療と深作眼科(1)

2016年10月17日

深作眼科に出会うまでの経緯

やってはいけない目の治療 – 深作秀春

 2016年の7月頃、網膜剥離という病気に罹る。その際の治療までの経緯をあれこれと紹介しようと思う。体の中でも重要な部分が病気になると、様々な心配がつきまとう。私の場合は眼であり、病名もイメージが非常に悪いものだった。とりわけ、手術が必要という点が、大きな不安の要因であった。

 手術を伴う治療を行う際には、

  1. 早い段階での処置
  2. 病院選び・情報収集
  3. 費用

 

 の3点が気になるところ。ただ、今回の経験でよくわかったのは、体の重要な部分をいじる時は何よりまず「病院選び・情報収集」が大切だということ。治療にあたってお世話になった横浜の深作眼科を紹介しつつ、網膜剥離の治療法と病院選びについて話していこうと思う。

 

視野欠損と大学病院での治療

 2016年の7月初めごろ、数日前から目のかすみや視界のぼやけが気になっていたところ、急に視野の一部が欠けて暗くなり、徐々にその範囲が広まっていったため、眼科で見てもらうことに。

 すると、「網膜剥離」との診断を受け、最寄りの大学病院を紹介してもらう。翌日に大学病院にいくと「翌日から入院・翌々日に手術」と告げられる。急なことで焦ったが、それほど症状は重くないと言われ安心。局所麻酔で済むということで、体への負担も少ないと言うことだった。

 

バックリング手術と手術後の視野のゆがみ

 ところが、後から考えるとこの時点ですでに間違いを犯していた。それは、

  • 網膜剥離と言う病気やその治療法について何も知らないのに、言われるがままに大学病院での即日での手術を承諾したこと

 である。

 加えて、もう一つの問題は

 である。

 結果、手術後2か月ほどして視界のゆがみが発生。大学病院の先生は「水が溜まっている」「網膜に小さな穴があるのかもしれない」と診断され、再手術することになる。ここでは当初、

  • 硝子体手術を行う
  • 手術の際に水晶体が邪魔になるので除去し、人口のレンズを挿入する

 と告げられる。硝子体手術には不安はなかったものの、「手術の際に邪魔だから水晶体を除去する」というのが非常に気になった。加えて、人口レンズの挿入にもかなりの抵抗を感じた。その旨を医師に伝えると、後日の手術前の最終検査の段階になって

  • 以前よりも大がかりなバックリング手術を行い、それでもダメなら硝子体手術をする

 と告げられる。

 

自主的に情報収集・セカンドオピニオンを開始

 原因を聞いてもはっきりせず、具体的に何がおかしいのかも医師はわからないと言う。そんな状態で眼の一部を除去してしまうということに大きな疑問を感じた。幸い、手術の予約はしていたものの、手術日までは1週間ほど余裕があったため、自主的に情報を収集し、セカンドオピニオンをすることに決めた。

 まずはネットを使って網膜剥離の手術方法、評判の良い病院などを必死になって探した。ここでわかったこととして、

  • 水晶体を除去せずとも硝子体手術は可能
  • 眼科治療の技術は病院や医師によって大きく変わる
  • バックリング手術は網膜剥離を完治させるものではない

 などの情報。ネットでちょっと調べるだけでも、やはり大学病院での手術をこのまま受けてはマズいと思うようになった。

 

深作眼科の存在を知る

 また、この時点で「深作眼科」という病院名を何度か目にしていた。網膜剥離の治療について調べる中で、医院長のブログ、あるいは治療を経験した人の個人ブログなどにたどり着いていた。

 医院長のブログの内容は、素人でもわかりやすく、納得できる内容であった。また、ホームページを見ても設備がしっかりしており、医師の技術・経験が優れていると判断。すぐに、病院で初診の予約を取り付けた。

 すでにこの時点で、大学病院での2度目の手術の予約をしており、手術予定日は6日後に迫っていた。今考えると、この時、深作眼科に電話をしていて本当に良かったと思う。初診の際の詳しい検査によって、大学病院ではわからなかった自分の眼の状態がはっきりわかり、症状は思っている以上に悪かったのだ。

網膜剥離の治療と深作眼科(2)