楽天の次期監督は大久保二軍監督?古田敦也さんも候補?

星野監督は契約途中で退任、次期監督はあくまで「白紙」

球団は慰留したものの、残り2年の契約を残しての退任

 昨季、球団創設9年目で初のリーグ優勝と日本一に導いた名将は3年契約を2年残してユニホームを脱ぐ。後任には今季途中で代行を務めた大久保博元2軍監督(47)が有力候補に挙がっている。

今月上旬には三木谷オーナーにも意向が伝えられた。「正真正銘、日本一の監督。全力で慰留したが、本人の意志が固かった」。17日の試合後に連絡を受け、この日の試合前に球団事務所で直接会談。正式に辞任が決定した。

引用元:(cache) 中日スポーツ:星野監督が辞任 後任は大久保2軍監督有力:プロ野球(CHUNICHI Web)

 引用記事の通り、星野監督は契約途中での退任。 球団側は慰留したものの、監督の意志が固く、正式に辞任が決定しました。球団としては、これまでの4年に加えて、残りの契約2年、合計6年もの長期政権を目指していたということになります。願わくば、初優勝から最初の黄金時代を築こうと考えていたのでしょう。

周囲の予想では大久保二軍監督が最有力。三木谷オーナーと親交のある古田敦也氏の名前も!

 一方で、さっそく話題にあがっているのは次期監督候補について。最有力は2軍監督で、今季途中に監督代行も務めた大久保博元さんです。 ただ、これはあくまで推測でしかありません

シーズン終了前に発表したことについて、指揮官は「来季のスケジュールをスムーズにするためには、この時期じゃないと遅い」と力説。三木谷オーナーは「野 球を熟知し、球界のネットワークも強い。大所高所からアドバイスしてほしい」と、星野監督に対してGMを超える権限を任せ、後任人事も含めて相談する考え を示した。

引用元:(cache) 中日スポーツ:星野監督が辞任 後任は大久保2軍監督有力:プロ野球(CHUNICHI Web)

楽天の立花陽三球団社長は18日、今季限りで退任する星野仙一監督の後任について「白紙としか言えない。勝たせることができる人が一番。しっかり議論していきたい」と説明し、人選のめどについては「シーズン終了後にすぐに発表しないと」と話した。 星野監督の退任会見に同席した三木谷浩史オーナーは「次の体制については考えてこなかった。早急に検討を始めないといけない段階」

引用元:(cache) 楽天・立花球団社長、星野監督の後任は「白紙としか言えない」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

 来季のスケジュールの組み直しとともに、後任人事のアドバイスを星野監督に仰ぐということで、次期監督については全くの白紙と考えていいでしょう。

 

 そんな中、大穴として候補に上がっているのが古田敦也さん。

 次期監督は未定とされたが、水面下では三木谷浩史オーナー(49)と親交の深い、元ヤクルト監督・古田敦也氏(49)の存在が急浮上している。

 古田氏と三木谷オーナーの懇意な関係は有名で「すごく仲が良く、チームの監督をやらせたがっている人物の一人」(楽天関係者)という。

引用元:(cache) 楽天・星野監督後任に古田敦也氏が急浮上 (東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 ソースが東スポということで、まさに大穴の予想です。しかし、可能性はゼロではないですし、野球ファンからすれば嬉しい話です。チームの礎を築いた野村監督の愛弟子というのも、縁を感じます。

 勝手な想像をすれば、野村さんの一番弟子である古田さんが監督となれば、同じく野村さんに指導を受けた嶋選手と監督と選手の関係になります。名監督の2人の弟子が、監督と選手となって共に戦うというのは、非常に面白いことです

フルタの方程式(DVD付)

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”36″ numberposts=”5″ tail=”
“]