トランプ大統領と日米同盟

2016年11月13日

米軍撤退はまずありえない

トランプ熱狂、アメリカの「反知性主義」

あたふたしてばかり、情けない日本のメディア

 大統領選から数日たったけど、まだまだ社会は混乱してるね。ただ、面白いのは日本人はすっかり他人事で、何事もなかったかのように生活してる。一方で、滑稽なのは日本のメディア。現実を受け入れようにも受け入れられない様子で、前に進まない議論を延々続けてる。トランプが勝つなんて思って無かったから、今回の結果に至った経緯とか社会背景について全然調べてこなかったんじゃないの? まったく、メディアが聞いて呆れるよ。

 それから、ワイドショーに出てる反トランプのコメンテーターの発言や態度がひどいね。別にトランプの肩を持つわけじゃないけど、あからさまに嫌な顔をしてさ、公共の電波通してトランプばりの暴言を吐いてるんだもん。お前たちの方がよっぽど差別主義者じゃないか。百歩譲って「じゃあヒラリーだったら何ができたのか?」って聞けば、まともに答えられるかどうか疑わしい。ヒラリーってのは「現状維持」とか「無難」を売りにした候補だったからね。結局、ヒラリーを褒める理由はなくて、トランプを貶す理由はあった。だから、ヒラリーを応援してただけじゃないの? 

 もちろん、両者を中立的な立場から分析して、今回の選挙結果についても冷静な意見をするアナウンサーやコメンテーターもいる。こういう時にこそ、まともな奴かそうでないかがよくわかるね。

 

アメリカ第一主義と日米同盟

 日本でトランプを批判してる人たちは、何をもって批判してるのか? その大半は、トランプの表面的な言動と、「メディアが批判してるから私も批判する」ってことだと思うよ。これが7割。残りの2割は、やっぱり日米同盟のことじゃないかな。それ以外のまともな理由からトランプ批判をできる人は、1割もいないんじゃないの。

 日米同盟の話の前に、大前提としてトランプは「アメリカ第一主義」ってのを掲げてる。これまではアメリカが世界のリーダー役をするってのが暗黙の了解だった。経済ならアメリカ主導でTPPをやる。軍事なら、世界で紛争があれば積極的に関わって問題解決をする。ところが、世界の問題解決をする前に、アメリカ国内で問題がどんどん出てきた。移民が入ってきて賃金が下がったり、仕事が奪われたりってのもこれだ。そこで、「もう世界の面倒を見るのやめるわ」ってなって「アメリカも自国の利益を最優先にします」ってのがトランプの主張。2000年代に叫ばれてきた「グローバル化」ってのが、世界中で立ち行かなくなってきたのも、大きな理由だ。

アメリカが在日米軍基地を簡単に手放すことはありえない

 そうなると、日米同盟にも影響が出る。簡単に言えば「日本も自分で国守れよ」って話。それを極端に表現したのがトランプの一連の発言。「防衛費を全額負担しろ」とか「米軍は日本から撤退する」っていう話になる。ただ、日米同盟ってのはアメリカにとっても大きなメリットがある。日本は位置的に言って、中国やロシアを牽制するのに絶好の場所にある。アメリカにとってこの両国は軍事面で脅威。つまり、在日米軍基地は中国を含む対アジア・ロシアの重要な軍事拠点になってる。これをアメリカが簡単に手放すというのはありえない。

 そう考えると、トランプの「日米同盟を解消する」といった発言は、「日本が軍事にもっと積極的になれ」というニュアンスだとわかる。「軍事費をもっと負担しろ」ってのも、「今後は軍事に関わらず、無駄な金は出せないよ」ってニュアンスになる。この辺をしっかり伝えてるメディアはあるのかね? ほとんどのメディアは「日本は軍事費たくさん出してます。だからトランプの言ってることはおかしい」って言ってばかり。いや、重要なのはそこじゃないだろうって。トランプはさ、口では「米軍撤退」なんて言ってるけど、その本心は日米同盟ありきの駆け引きをしてるんだよ。それに対して「同盟がなくなる」なんて騒いでる日本はおかしいわけで、どうやって応戦するかを議論しないと。

TPPはどうなるか?

 そうなると、今最も考えるべきはTPPのことじゃないか? 経済が混乱すれば世界情勢も不安定になって、結果的に戦争も起こりやすくなる。せっかく上向いてきた日米の経済がここでつまずくってのが一番怖い。トランプの「アメリカ第一主義」の別の表現として「孤立主義」ってのがあるけど、「TPP離脱」を考える上でこれがわかりやすい。TPPは太平洋沿いの各国が、これまでにない幅広く自由な貿易協定を組もうってもの。経済を活性化させるには必須の協定だって言われているけど、一方でリスクもある。例えば日本の農業なら、世界の市場を取り込める一方で、自国の農産物が世界の農産物と価格競争することになる。

 トランプが嫌っているのは、TPPによって外国人労働者が流入すること。TPPは関税の撤廃の他にも、非関税障壁の撤廃も進める。この一つに外国人労働者の受け入れってのがある。日本でも最近起こってるけど、賃金の安い外国人が入ってきて自国民の職を奪ってしまう。そういう理由から、トランプはTPPに反対している。

 ここで問題になるのが、日本はTPPに向けていろんな準備をしてきたってこと。いろいろ問題はあるものの、TPPによる経済の活性化に賭けた。それなのに、TPPのリーダーになるはずのアメリカが離脱する可能性が出てきた。これによって、上向きつつあった日本の経済が再び停滞する可能性も出てきた。少なくとも、混乱するのは必須。これはアメリカにとっても同じことだろう。簡単に変わりっこない日米同盟を憂慮するより、これを問題視すべきなんじゃないの?