太宰治-年表と作品ガイド

公開日: : 最終更新日:2015/02/09 太宰治

太宰治―生誕一〇〇年記念 (別冊太陽 日本のこころ 159)

太宰治の作品を楽しもう!

 

 太宰治・年表【作品名のリンク先で、あらすじ・考察(解説)が見られます】

1909年(明治42年)

  • 青森県北津軽郡金木村(現在は青森県五所川原市)にて、県下屈指の大地主である津島家の六男として誕生。本名:津島修治

1927年(昭和2年) 18歳

  • 4月 旧制弘前高等学校入学。 7月 芥川龍之介が自殺。小山初代との出会い。

1929年 20歳

1930年 21歳

  • 4月 東京大学文学部仏文科入学。井伏鱒二に師事。11月 カフェの女給と鎌倉にて入水自殺を図る。自殺幇助罪に問われるが、起訴猶予となる。

1933年 24歳

1935年 26歳

1937年 28歳

  • 2月 小山初代とカルモチン自殺を図る。以後、断筆状態に。

1938年 29歳

1939年 30歳

1940年 31歳

1943年 34歳

  • 9月 「右大臣実朝」発表。

1944年 35歳

1945年(昭和20年) 36歳

1947年 38歳

1948年 39歳

 

 

 

参考文献

関連記事

カチカチ山①

「カチカチ山」(太宰治)のレビュー[あらすじ,考察(解説),感想]

カチカチ山を太宰治が現代風にアレンジ! 「お伽草紙 」(「カチカチ山」収録)

記事を読む

弘前城

「津軽」(太宰治)のレビュー①[あらすじ,考察(解説),感想]

太宰が故郷津軽へ行き酒を飲む! 「津軽 (新潮文庫) 」 もくじ

記事を読む

晩年

『晩年』(太宰治)のレビュー

晩年 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 太宰 治 新潮社 20

記事を読む

走れメロス

「走れメロス」(太宰治)のレビュー[あらすじ,考察(解説),感想]

古代ギリシャを舞台に、男の友情を描いた名作 「走れメロス (新潮文庫) 」

記事を読む

グッド・バイ(太宰治)

「グッド・バイ」(太宰治)のレビュー

未完の遺作にして、太宰の最高傑作!? 『グッド・バイ (新潮文庫) 』 も

記事を読む

太宰治の名言・格言・表現集

太宰治の作品別名言・格言・表現集逆行富嶽百景女生徒走れメロス津軽お伽草紙ヴィヨンの妻斜陽人間失格 [

記事を読む

「ヴィヨンの妻」(太宰治)のレビュー[あらすじ,考察(解説),感想]

遊び人の夫を持つ女性のたくましさ 「ヴィヨンの妻 (新潮文庫) 」 もくじ

記事を読む

「桜桃」(太宰治)のレビュー

「桜桃忌」の由来にもなった、死後発表の短編作品 『ヴィヨンの妻 (新潮文庫) 』

記事を読む

晩年

「逆行」(太宰治)のレビュー[あらすじ,考察(解説),感想]

  第一回芥川賞候補作になった作品  「晩年 (新潮文庫) 」(「逆行」収録)

記事を読む

御坂峠からの富士山

「富嶽百景」(太宰治)のレビュー[あらすじ,考察(解説),感想]

富士を望む天下茶屋で、再起を誓う太宰の姿! 「走れメロス (新潮文庫) 」(「富

記事を読む

Comment

  1. 春田七海 より:

    参考になりました❕ありがとうございます❗

  2. 匿名 より:

    参考になります❗ありがとうございます分かりやすかったです✌自由研究の参考にもなってすごく良かったです❗❗

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

本当に「優れた」企業の見つけ方

「株価」に含まれる膨大な情報 『投資家が「お金」よりも大切に

『投資家が「お金」よりも大切にしていること』感想

お金に対するマイナスイメージを払拭! 『投資家が「お金」より

『ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢』レビュー・感想

<巷のトランプ関連本の中では出色の内容!> 1、時代が後押し押

→もっと見る

  • 野村ノート (小学館文庫)
    新・野球を学問する (新潮文庫)
    パ・リーグがプロ野球を変える 6球団に学ぶ経営戦略 (朝日新書)

    サッカープロフェッショナル超観戦術
  • ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)

    シナリオの基礎技術
    使い方の分かる類語例解辞典

    冲方式ストーリー創作塾
  • ダ・ヴィンチ渾身 本気で小説を書きたい人のためのガイドブック (ダ・ヴィンチ ブックス)
    あなたも作家になれる
    「新人賞が獲れる!」小説原稿執筆の手順
    スーパー編集長のシステム小説術―才能なんていらない!
PAGE TOP ↑