「Chasing Yesterday」(Noel Gallagher)の感想!

2017年10月24日

3年半ぶりのセカンド・アルバム!

 

メロディ重視のファーストから一転!
バラエティーに富んだ曲による新境地!

さっそく渋谷TSUTAYAへGO!!

noel gallagher_chasing yesterday04

noel gallagher_chasing yesterday05

1階に特設コーナーがあり、そこで視聴も可能です。
ボーナストラックの入った初回限定盤、通常版、輸入盤など複数のものが揃っています。
ここはシンプルに、歌詞・対訳付きの通常版を購入。

 

 

 

缶バッジがおまけでついてきました。

noel gallagher_chasing yesterday02

 まあ、そんなのどうでもいいや!
日本版はボーナストラックが1曲入っています。

 

 

 

「Chasing Yesterday」の収録曲等

  1. Riverman
  2. In The Heat Of The Moment(先行シングル)
  3. The Girl With X – Ray Eyes
  4. Lock All The Doors
  5. The Dying Of The Light
  6. The RightStuff
  7. While The Song Remains The Same
  8. The Mexican
  9. You Know We Can’t Go Back
  10. Ballad Of The Mighty I

 

バラエティーに富んだ楽曲!
幅広い音楽性が伝わる1枚!

ファースト・アルバムはOASIS時代のメロディアスな曲で構成されていました。楽曲のクオリティはどれも非常に高く、さすがノエルといったところでした。OASIS時代のアルバムと合わせても、上位にくるほどの出来だったと思います。

Noel Gallagher’s High Flying Birds

 

そして今回のセカンド・アルバム。内容は打って変わって、バラエティーに富んだものとなっています。
得意のメロディー重視の曲はもちろん、セカンドではいろいろなリズムを楽しめると思います。
ファーストがメロディー重視のアルバムならば、セカンドはリズム重視、曲のバラエティー重視のアルバムと感じました。

 

 

 

ファーストとはガラリと内容の変わったセカンド。
その一方で、楽曲のクオリティの高さは相変わらず。
アルバム全体の構成も含めて、これまでにない新境地を開拓しています。
OASIS時代からのファン、ノエルのファンはもちろん、これまで彼の曲を聞いたことのない人にもおすすめできる傑作です!
かなりおすすめ!!

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”37,73″ numberposts=”5″ tail=”
“]

洋楽

Posted by hirofumi