宮沢賢治

「セロ弾きのゴーシュ」(宮沢賢治)

 ゴーシュは、午前中は畑仕事をし、昼間はある活動写真館(昔の映画館)でセロ(チェロ)を弾く係を務めて ...

宮沢賢治

「よだかの星」(宮沢賢治)

  味噌をつけたようなまだらな顔に、耳まで裂けたカエルのような口をもつ「よだか」という鳥は、他の鳥か ...

宮沢賢治

「双子の星」(宮沢賢治)

 天の川の西の岸、チュンセ童子とポウセ童子という名前の、双子の星が、すきとおる水晶の宮に住んでいまし ...

宮沢賢治

『銀河鉄道の夜』(宮沢賢治)

 学校で星座の授業を受けるカムパネルラとジョバンニ。ジョバンニは最近元気がありませんでした。毎日朝と ...

宮沢賢治

「カイロ団長」①

 あるところにアマガエルたちが住んでいました。彼らは植物の種を集めてお花畑をつくったり、石や苔を集め ...

宮沢賢治

「ツェねずみ」「クンねずみ」(宮沢賢治)

 古い家の天井裏に住む「ツェねずみ」は、何かにつけて文句ばかり言い、二言目には「弁償しろ」と言います ...

宮沢賢治

「十六夜」(宮沢賢治)

 北上川のほとりの松林で、旧暦6月24日の晩、フクロウが夜な夜な集会をしていました。そこでは、年老い ...

宮沢賢治

『蜘蛛となめくじと狸』(宮沢賢治)

 山の中に住む蜘蛛、なめくじ、狸。彼らは弱肉強食の世界で、それぞれのやり方で生活していました。蜘蛛は ...