太宰治

グッド・バイ(太宰治)

  表向きには雑誌編集長、裏の顔は闇商売で金を儲けるという「田島周二」。田舎に妻と子を残し、自分は東 ...

太宰治

 幼い2人の子を持つ夫婦がいて、夫は作家。家では明るく振る舞っているものの、酒が好きで、女も好きで、 ...

太宰治

・富士には、月見草がよく似合う。・幸福は一夜おくれて来る。・走れ! メロス。・なぜ、「恋」がわるくて ...

太宰治

<はじめに>「人間失格」は太宰の作品の中でも最も有名なもの、ある意味で太宰治の代名詞のようになってい ...

太宰治

走れメロス

はじめに  「走れメロス」は、1940年、太宰が31歳の時に発表された作品です。中期の作品にあたりま ...

太宰治

<はじめに> 「ヴィヨンの妻」は、1947年、太宰が38歳の時に発表された、晩年の名作の一つです。太 ...

太宰治

弘前城

<はじめに> 「津軽」は、太宰治の中期の作品のひとつです。出版社からの依頼を受け、彼の故郷である津軽 ...

太宰治

<はじめに> 「女生徒」は太宰治の中期の名作のひとつです。20代の終盤において、太宰は断筆状態に陥り ...

太宰治

主要作品完全網羅!個別解説付き!

『別冊太陽159 太宰治』

太宰治 – 年表 ...

太宰治

斜陽

 主人公は貴族の家の、29歳の娘「かず子」です。かず子は母と二人、伊豆の山荘で暮らしています。以前は ...

太宰治

カチカチ山①

 あらすじ さて、『お伽草子』では決まって、おなじみの昔話を太宰が検証していくところから始まります。 ...

太宰治

アカウミガメ

 はじめに 「浦島さん」は、1945年に刊行された『お伽草子』の中の作品の一つです。題名からもわかる ...

太宰治

御坂峠からの富士山

 あらすじ 富獄百景は、太宰が29歳の時の自身の生活をづづったものです。華々しく文壇にデビューしたも ...

太宰治

晩年

<はじめに> 「逆行」は、太宰治の初の作品集である『晩年』(1936年)に収められている作品のひとつ ...

太宰治

晩年

<はじめに> 「魚服記」は、太宰の第一創作集である『晩年』(1936年)に収められた作品の一つです。 ...