メインコンテンツ

ビートたけしの本

ラストの展開が泣ける!ちょっと切ないほのぼの小説!

週刊文春 2018年 3/29 号

ビートたけしの本

アナログ

※ネタバレにならないよう、結末部分はぼかしてあります。

ビートたけしの本

 中年の兄弟が久しぶりに会い、2人で酒を飲み交わすところから物語は始まる。弟のマモルはスポーツが得意 ...

ビートたけしの本

 本書の刊行年は1984年、当時は漫才ブームが過ぎ去って数年。ビートたけしさんはタレントとして全盛期 ...

ビートたけしの本

FNS27時間テレビ「ビートたけし中継」

コラム集、小説、対談集、自叙伝

ビートたけしの本

バラ色の夢を語っても意味はない。人の世を生き抜く最低限の力をつけろ。思考停止した全国民に捧ぐ、現代社 ...

ビートたけしの本

見渡せば世の中、間抜けな奴ばかり。どいつもこいつも、間が悪いったらありゃしない。“間”と いうものは ...

ビートたけしの本

 北野武さんの母親「北野さき」さんといえば、書籍およびテレビドラマの『菊次郎とさき』でご存知の方も多 ...

ビートたけしの本

 物語は、北野武が入院中の母「北野さき」を訪ねて、軽井沢へ向かう場面から始まる。訪問の前日に電話をし ...

ビートたけしの本

■売れない漫才師が主人公、浅草時代のビートたけしの自伝的小説!■●北野映画に通じる笑いと哀愁/『漫才 ...

ビートたけしの本

 昭和47年(1972年)の夏、浅草 に一人の青年がやってきた。学生運動の時代、大学をサボって新宿の ...