芥川龍之介

作文

・芸術は何ものの支配をも受けない、芸術のための芸術である・阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じ ...

芥川龍之介

芥川龍之介

 芥川龍之介 – 年表と作品ガイド – もくじ芥川龍之介・年表「羅生門」

芥川龍之介

歯車

 はじめに 「歯車」は、芥川の晩年の作品の中でも、「或阿呆の一生」とともに、彼の死後に発表されたもの ...

芥川龍之介

地獄変

 あらすじ  舞台は平安時代、豪快で知られる殿様と、彼に仕える絵師の話です。殿様は「堀川の大殿様」と ...

芥川龍之介

河童

<はじめに> 「河童」は17の章にわかれているので、ここでは3~4つをひとかたまりにして、あらすじを ...

芥川龍之介

藪の中

<あらすじ> 物語は、ある殺人事件について、検非違使(平安時代の京都で、警察業務を担当していた役人) ...

芥川龍之介

<あらすじ> ある朝、極楽にいるお釈迦様は、蓮の池のふちをのんびり散歩していました。蓮の池の下は地獄 ...

芥川龍之介

大浦天主堂

<あらすじ> 舞台は戦国時代の長崎、サンタルチアという教会にいる、ロオレンゾという少年です。彼はある ...