ベッキーのテレビ復帰とオリンピック不正招致疑惑

2016年5月21日

スキャンダルに見る謝罪力と、揺らぐ「TOKYO」の信頼性

両成敗(初回生産限定盤)

ベッキーの心のとびら

トピックス

 梅雨には少し早く、2016年もまだ半分もいかない5月。ここまであまりに多くのビックニュースがあったんで、一年がずいぶん長く感じちゃった。世間を騒がしているのは芸能スポーツ界。不倫、経歴詐称、薬物、芸能事務所のお家騒動、違法カジノ……まだまだこんなもんじゃない。オリンピックのロゴや建設費の問題が落ち着いてきたところで、今度はJOCの五輪招致不正疑惑。開催地の東京の知事は不正会計疑惑、五輪種目復活を目指す野球界では賭博問題。オリンピック開催にあたって中心となる行政とスポーツの大組織がこれじゃ、選手も競技に集中できない。

 行政にスポーツ界に芸能界に、舞台は違っても大衆を相手にするところは一緒。かつてスターのたくさんいた昭和の時代のように、裏の汚い部分は上手に隠し、大衆を喜ばせるようなリーダーやスターが出てこないものか!? それは無理だとしても、トラブル起きた時のお手本となるような、上手な謝罪の仕方を示して欲しいよ。

 

 

謝罪の仕方でわかる芸能人の底力

ベッキーは第二の若人あきらを目指せ!

 未だに芸能スキャンダルの渦中にあるベッキー。この前久しぶりにテレビ出演して、SMAPの中居くん相手にインタビュー形式で話をしていたね。しかしまあ、CM違約金は5億にもなるって言うし、元のキャラクターを考えれば、完全復帰はまだまだ無理なんじゃないかな。もしほとぼりが醒めても、前のままの「良い人」キャラで出てきたら世間は冷たい目を向けるに決まってる。

 こうなったらまず、名前だけでも変えるしかないよ。ちょうど本名の「レベッカ・レイボーン」ってのがあるんだから、1年くらい遊びで海外の番組にでも出てさ、そこから「逆輸入アイドルのレベッカ」とか言って復帰するしかないよ(笑)。「お前は若人あきらか」って言われるな(笑)。でも、ベッキーはタレントやりながら大学通ってたくらいだから、短期留学挟めば大丈夫じゃないか。

 どうせならキャラも180度変えてさ、毒舌キャラでテレ東の夕方のワイドショーに出りゃいいの。芸能人の浮気報道が出るたび、自分の過去を棚に上げて毒を吐く。これだけで一生食っていけるぞ。決め台詞は「喧嘩両成敗」「このゲス野郎」(笑)。これくらい徹底すれば、時間はかかるけど、将来はマツコくらいの大物になれるぞ!

 

芸能界復帰の手本は矢口真里

 それにしても、ベッキーの謝罪の仕方はもうちょっとやり方があったはず。一連の流れを見れば、いい人キャラ守ろうとして、嘘ついたことがばれて、しばらく消えて、復帰番組で泣き落とし。これは誰でも予想できる展開だし、印象も最悪。しかも、今後もキャラを変えるつもりはなさそう。そうなると、相変わらず良い人を突き通して、ほとぼりが冷めるの待つだけだろう。ベッキーは嫌いじゃないけど、あまりにも策がなさ過ぎた。それなら黙って隠れてた方がまだ良かった。むしろ、今回の不倫騒動は、対応の仕方によっちゃ芸能人として一皮むけるチャンスだった。少しは、矢口の図太さを見習えって思ったよ(笑)

 だって矢口真里なんてのは、浮気の現場を旦那に見られてさ、そのまま記者会見開いて、離婚と1年半ほどの活動自粛。でも、記者会見でも復帰後のテレビでも、世間に許してもらおうなんてところは全然見せなかった。元のキャラもあるけど、不倫をネタにしてたし、復帰した頃には別の男と同居してたんだから。これくらい図太いと、世間も「仕方ないか」ってなるよ。しかもさ、自粛期間が長い。ベッキーなんて良い人で真面目キャラなのに、数ヶ月でちゃっかり復帰しようとしてるだろ。そのへんがもう矛盾してるんだよ。

 別の方法としては、ショーンKのような潔さもあり。経歴も学歴も生まれも詐称したけど、犯罪を犯したわけじゃないし、番組降板以外に、これといった迷惑もかけてない。発覚後は嘘つくこともないし、誤魔化そうともせず、自分のラジオで涙ながらに謝罪。視聴者はそこまで怒ってなかったんじゃないか。そもそも、嘘だけであの地位まで行くことがすごいよ。そういう意味じゃ優秀だったんじゃないのかな? それに、彼がやったことは笑っちゃうけど、罪の重さをみれば他の奴らの方がよっぽどだよ。

 

2016年の芸能スポーツ界「Kの呪い」

謝罪どころの話じゃないスポーツ界の2人のK

 ところで、今年の芸能スポーツ界を見ると、スキャンダル起こした人はみんな「K」でまとめられる。まずは野球界のスターだった「K」と、バトミントン日本代表の桃田K。清原さんは会見を開いていないし、桃田くんも個人的な見解はほとんど述べてないので、謝罪についてはなんとも評価できない。そもそも、覚せい剤と賭博ということで、謝罪どうこうの話じゃない。残念としか言いようがない。

 

評価できる芸能界の2人のK

 それから、ベッキー騒動の相方のK。下衆の極みの川谷くんは、ここまでの人と違って謝罪はしたけど強気。これは評価したい。周りの空気に流されずに自分の意思をはっきり示したのはこの人だけ。犯罪じゃないんだから、別にいいだろっていう子供みたいな態度が非常に良かった(笑)。でも正直な話、アーティストはこれくらいの我の強さがなきゃダメだよ。昔から、優れた芸術家には悪い奴が多いって相場が決まってるんだから。アーティストを吊るし上げて「非常識」とか「浮気者」なんていう奴は、アイドルの曲でも聞いてろっての!

 そのアイドルと言えば、スマップのキムタク。こちらもやっぱり「K」なんだね。謝罪の仕方で言えば、キムタクは満点。世話になった芸能界の巨大事務所社長とメンバーとの板挟みの中、スマップ解散を阻止して番組で謝罪。裏切り者なんて言われてるけど、ジャニーズを敵に回して生き残った奴はいないんだから、賢明な判断だったと思うよ。キムタクくらいの地位なら、独立してもなんとかなるなんて考えそうだし、仮に干されてもこれまでの蓄えで生きていける。しかし、きちんと謝罪して生き残った。これは芸能人というか、社会人として満点だよ。サラリーマンはキムタクを見習うべき。メリーKとジャニーK、こちらもやっぱり「K」だけど、どちらも敵に回さずうまく切り抜けたのは立派。

 

スポーツに関して世界一「クリーン」だった日本はどこへ?

さすがにそれはまずいだろJOC

 スポーツと言えば、日本はアメリカなんかと比べると、プロスポーツの組織運営はかなり遅れている。アメリカはプロスポーツをビジネスとして成立させているし、フランチャイズ化も完璧、引退後の選手のケアや、問題が起こった際の処罰のルール、あるいは時代に合わせたルールの更新なども迅速。はっきりいって日本は全然かなわない。では、アマチュア界はどうかと言えば、今回のJOCの不正招致疑惑でがっかりしちゃった。

 まだ問題に関する情報が少ないけど、どうも外国のペーパーカンパニーを利用して、業務委託名目で賄賂を送ったという話。相手側には、国際的なスポーツ組織のお偉いさんが絡んでるっていうんだから、闇は深い。報酬を支払った直後に、そのお偉いさんの息子が高級品を購入していた記録が残っていたり、招致成功後にまるで「成功報酬」みたいな形で、JOCから追加の報酬が支払われていたり。これはかなり濃いグレーじゃないか。

 

JOCはJリーグを見習え!

 この前オリンピックの建設費とロゴが問題になったばかりなのに、また新たな問題が次々と起こる。そこに来て開催都市の知事も不正な会計処理がバレた。一つ思うのは、日本の公的な組織は、相変わらず情報を守る力が無いってこと。会計処理とか接待とか、グレーな金の使い方なんてのはどこの組織でも必ずやってる。重要なのは、程度をわきまえることと、絶対に情報をもらさないこと。仮に漏れても、ある程度までは周りが助けてくれるような信頼関係を築くこと。そういうことが全然できないのが日本の公的な組織。そもそも日本の社会は政治とか権力に甘いのに、それでもバレるってのは相当ひどい。

 舛添さんに関しては馬鹿としか言いようがないし、必ず退任してもらいたいけど、JOCは大丈夫かよ? 日本は世界的に見ても、スポーツに関してはクリーンだったはず。ドーピングもなかったし、勝負事なのに馬鹿真面目すぎるとこもあったけど、それが日本の良いところでもあった。ところが、ここ数年は日本のスポーツや選手が世界の舞台に出る機会も増えてきて、海外の悪いとこを真似しちゃったのかな? オリンピック招致で賄賂となれば、ドーピング、買収、八百長なんてのもそのうち出てくるぞ。

 

川淵さんこそ理想的なリーダー

 日本のスポーツ界で期待できるのは、Jリーグ発足に尽力した川淵さん。発足からわずかな期間でかなりのレベルアップを果たして、ワールドカップ開催も成功させた。その上、Jリーグは日本一健全なプロスポーツリーグ。そんな川淵さんは、この間もバスケのプロリーグを統一させ、スポンサーにソフトバンクを招くなど、また新たな組織運営に乗り出している。最近のスポーツ界で数少ない、希望の持てるニュースだよ。ソフトバンクの孫さんも含めて、この2人に任せれば何かやってくれそうな気がする。

 こうなれば、川淵さんとソフトバンクにオリンピックを開催してもらいたいね。「東京五輪」じゃなく、「ソフトバンク五輪 in Japan」。日本は国レベルで一つのことをやるのはどうも下手くそだから、企業が主導して企画したほうが上手くいくんじゃないか? 開会式もだいぶ楽しくなりそうだし、開催期間中だけで終わらず、その後数年も経済効果を持続させる、素晴らしい大会になりそう。そんな馬鹿なことも想像してしまうくらい、今回のニュースにはがっかり。しっかりしてくれよ日本!!

 

 

【関連記事】

[article mode=”cat” id=”37″ numberposts=”5″ tail=”
“]