作家・著者「ビートたけし(北野武)」のまとめ・年表

2017年11月6日

TBS情報7daysニュースキャスター ビートたけしの幸せ三面記事新聞 

コラム集、小説、対談集、自叙伝、映画批評などから代表作をピックアップ。
実の母「北野さき」著作の自叙伝は必見!
ビートたけしファン必見!

「ビートたけし」のまとめ・年表 – もくじ

  • 『たけしくん、ハイ!』(1984)
  • 『少年』(1987)
  • 『浅草キッド』(1988)
  • 『ここに母あり―北野さき一代記』(1988,北野さき著)
  • 『漫才病棟』(1993)
  • 『菊次郎とさき』(1999)
  • 『全思考』(2007)
  • 『下世話の作法』(2009)
  • 『超思考』(2011)
  • 『物語』(2012)
  • 『間抜けの構造』(2012)
  • 『ヒンシュクの達人』(2013)
  • 『たけし金言集』(2014,アル北郷著)
  • 『アナログ』(2017)New!!

「ビートたけし」のまとめ・年表

1984年(37歳)

たけしくん、ハイ!』(1984年)
★幼少期の笑えるエピソード

幼少期の自伝的エッセイ!
切なく、悲しく、そして笑える絵日記風のエピソード満載!

1986年(39歳)

1987年(40歳)

少年』(1987年)

幼少期の自身を投影した三つの作品からなる短編集。
幼い頃の淡くはかない思い出や感情を呼び起こす、心に響く小説。

1988年(41歳)

浅草キッド』(1988年)
★★フランス座の下積み時代の自叙伝

エレベーターボーイ、師匠との出会い、元相方との思い出……
浅草「フランス座」時代、下積み生活を綴った小説タッチの名作自叙伝!!

ここに母あり―北野さき一代記』(1988年)
★★母「北野さき」の自叙伝

世界の北野を育てた肝っ玉お母さんの、波瀾万丈自伝!
たけしさんの話術と毒舌は母親譲り!

1989年(42歳)

1990年(43歳)

1991年(44歳)

  • 『仁義なき映画論』

1993年(46歳)

漫才病棟』(1993年)
★★漫才ブーム前夜のツービート

浅草フランス座を飛び出し、漫才コンビとして松竹演芸場に出演していた時代の、自伝的小説!
漫才ブームを数年後に控え、もがき苦しむたけしさんの背中が見える!

1994年(47歳)

  • 8月2日 バイク事故により重症を負う

  • 『落選確実選挙演説』

  • 『顔面麻痺』

1997年(50歳)

1998年(51歳)

  • 8月24日 「HANA-BI」公開(国内)

1999年(52歳)

  • 8月22日 母「北野さき」さん死去(享年95歳)

菊次郎とさき(1999年)
★★ドラマ化された感動の名作

母「北野さき」の死の数年前、軽井沢の病院を訪ねるたけしさん。
ドラマ化もされた感動の名作!ラストのどんでん返しに思わず涙!

2001年(54歳)

  • 『頂上対談』

2005年(58歳)

  • 『悪口の技術』

2006年(59歳)

たけしのコマ大数学科(Amazon検索)

2007年(60歳)

  • 『生きる』

全思考』(2007年)
★日本のタブーに切り込む

幻冬舎「思考」シリーズ第一弾!
生と死、教育、人間関係……日本人が見て見ぬふりしてきた問題に、北野武が正面から向き合う!

2008年(61歳)

TBS情報7daysニュースキャスター ビートたけしの幸せ三面記事新聞

 深夜の時間帯、3連続で爆笑を誘い、スタジオの明石家さんまに「いまのところ3打数3安打やで」と評される。この年を境に、27時間テレビへの出演がほぼレギュラー化。

FNS27時間テレビ「ビートたけし中継」presents 火薬田ドン物語(仮) [DVD]

2009年(62歳)

下世話の作法』(2009年)

噂好きの庶民も、負け組の貧乏人も、最低限の品性を持て!
たけしさんがすすめる「品と粋」を持つ生き方!

  • 『達人に訊け!』

2010年(63歳)

2011年(64歳)

超思考』(2011年)
★現代社会を鋭く批評

幻冬舎「思考」シリーズ第ニ弾!
「核兵器」「医療」「死刑制度」「大量消費社会」「高齢化」「仕事」「芸術」「政治」「金融」……主要な時事問題、現代社会のテーマを網羅!

2012年(65歳)

 北野武監督作品の中でも、「座頭市」に次ぐ興行成績をあげるヒット作に。

物語』(2012年)
★★北野武の映画論

「その男、凶暴につき」から「アウトレイジビヨンド」まで、撮影の舞台裏、脚本術までを網羅した一冊!
撮影秘話や手法も満載!

間抜けの構造(2012年)
★★芸人とは何か?

現代社会から漫才・落語、人生まで。日本特有の「間」について語りつくす!
近年の著書の中でも抜群の出来!

2013年(66歳)

ヒンシュクの達人』(2013年)

政治家から芸能人、一般市民まで。たけし流「上手な顰蹙の買い方」!
爆笑トーク特別編も入ってお得な一冊!

2014年(67歳)

たけし金言集』(2014年)

元付き人であり、北野映画の脚本執筆(監督が口述した映画の大筋を文章にまとめる係)、北野映画出演、TBSニュースキャスターの放送作家など、各方面でたけしさんと深く関わっている「アル北郷」さんによる、かっこ良くてバカバカしいたけしさんのエピソード集!

2017年(70歳)

アナログ』(2017)

 ビートたけし初、ゴーストライター無しの本気の書下ろし小説!